bmr

bmr>NEWS>事故で重傷のショーン・キングストン、意識が回復

NEWS

事故で重傷のショーン・キングストン、意識が回復

マイアミ・ビーチでジェット・スキー事故に遭い、重傷を負って集中治療室に運ばれていたシンガーのショーン・キングストン(Sean Kingston)が意識を回復した。

5月29日の事故以降、一時は死亡説が流れるなどその容態が心配されたショーン・キングストンだが、その後状態は安定。現在は人工呼吸器をつけているためしゃべれないが、意識ははっきりしていると広報担当者が発表した。また、彼が事故をジェット・スキーで事故を起こした際にアルコールなどの影響はなかったこと、同乗していたカサンドラ・サンチェス(Cassandra Sanchez)という女性は無傷だったことをゴシップサイトTMZ.comが報じている。サンチェスはショーンがあと2週間は入院する予定だと語っているほか、事故の原因はスピードを出し過ぎ、コントロールを失ったのではないかと語っている。

なお、この事故を受けてジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)、リアーナ(Rihanna)、ニッキー・ミナージュ(Nikci Minaj)、LLクールJ(LL Cool J)らがTwitterに無事と快復を祈るコメントを綴ったほか、プロテニス選手のセリーナ・ウィリアムズ(Serena Williams)がお見舞いに病院を訪れている姿が目撃されている。