bmr

bmr>NEWS>サンティゴールド、新作を今秋に

NEWS

サンティゴールド、新作を今秋に

0000011144_image

ジェイ・Z(Jay-Z)とのコラボ曲“Brooklyn”などを経て、彼のマネージメント会社Roc Nationに迎えられた女性アーティスト、サンティゴールド(Santigold, 旧サントゴールド Santogold)が待望の新作を完成間近だという。

最近ではビースティ・ボーイズ(Beastie Boys)のシングル“Don’t Play No Game That I Can’t Win”に客演、Paper誌の表紙を飾るなど着実に認知度を上げているサンティゴールドは、もともとパンク・ロック出身ながらレゲエやダブステップなどクラブミュージックの要素まで取り込んだデビュー作“Santogold”が高く評価されたアーティスト。スウィッチ(Switch)が前作に続いて参加するほか、TV オン・レディオ(TV On Radio)やヤー・ヤー・ヤーズ(Yeah Yeah Yeahs)といった人気ロック・バンドのメンバーらと制作を行っているという。

Billboard誌の取材に応じたサンティゴールドは、「エレクトロやクラブっぽい曲ももちろんあるけど、今回はバラードも2曲ある。私なりの形のバラードをね」と話しており、その例としてケイト・ブッシュ(Kate Bush)やピーター・ゲイブリエル(Peter Gabriel)を挙げていることからかなり個性的な曲になっているようだ。そのバラードの1曲では、さまざまな量の水を入れた瓶をパーカッション代わりに鳴らし、そこにマリンバと太鼓の音を重ね合わせるという実験的な制作も行ったのだとか。

周囲からのプレッシャーもあって「2010年の12月くらいまでは、私はもうだめだ、終わったと思ってた」と制作へのモチベーションの維持が大変だったことを明かした彼女だが、今は「この夏が終わるまでにはシングルを出す」と意気込みを語っている。「ジェイ・Zから『このアルバムは重要になる』と言われた」という新作は、現在のところ正式なタイトル、リリース予定日は発表されていないが、今秋の発売を目指している模様。来月から海外含む各地で行う公演で早くも新曲を試しに披露してみるという。

Beastie Boys ft. Santigold “Don’t Play No Game That I Can’t Win (Major Lazer Remix)”

サンティゴールド
Santigold [Import, from US]