bmr

bmr>NEWS>アリシア・キーズ、ブロードウェイ進出

NEWS

アリシア・キーズ、ブロードウェイ進出

0000011168_image

デビュー10周年記念の豪華/限定盤“Songs In A Minor”の全米発売当日となる28日(日本盤は7月6日発売)、アリシア・キーズ(Alicia Keys)が、NYブロードウェイで上演予定のミュージカル“Stick Fly”にプロデューサーとして参加することが発表された。

黒人女性脚本家リディア・R・ダイアモンド(Lydia R. Diamond)作の“Stick Fly”は、裕福な黒人家族が週末を利用して訪れた、東海岸の高級リゾート地を舞台に、日常生活では偽善を装っていた家族それぞれの偏見や隠し事などが次々に暴かれていくというコメディで、既にボストン、シカゴ、ワシントンDCなどで上演されている。

アリシアは「誰もが共感できるブラック・アメリカの物語で、エンターテイメントの世界ではあまり取り上げられないやり方で描かれているから、素晴らしい脚本に夢中なの。観客全員が家族の誰かに感情移入して感動するはずよ」とコメント。元々女優を目指してNYへ来たという母親のもとで育ち、女優業への情熱も忘れないアリシアだが、本人が俳優として舞台に立つかは不明。

“Stick Fly”は、NYマンハッタンの観光名所タイムズ・スクエアに近いLyceum劇場で11月18日のプレビュー公演の後、12月8日から上演開始予定とのこと。

また同28日のアリシアは、米国の‘朝の顔’的TV番組“Good Morning America”に生出演しパフォーマンスを披露した後、マダム・タッソー美術館を訪れ自身のろう人形を前に2ショットで撮影に応じ、「近くでみたけど、眉も目の形もあごの骨も本物そっくりだったわ。本当に信じられない位素晴らしい出来ね。生まれ育ったNYの一部として展示されているようで嬉しいわ。完璧だわ」と満足気に語っている。(t)

・“Fallin’” (live)