bmr

bmr>NEWS>ジル・スコット、念願の初全米1位獲得!

NEWS

ジル・スコット、念願の初全米1位獲得!

0000011189_image

先週全米で発売となったジル・スコット(Jill Scott)の新作“The Light Of The Sun”が自身初の米Billboardアルバム総合チャートで1位に輝いた。

グラミー受賞シンガー、ジル・スコットの新作は、デビュー当時からの所属レーベル、Hidden Beach Recordingsとの契約終了に絡んで泥沼の訴訟沙汰となり延期されていたが、今年2月に1年越しで示談が成立。それと共にジルは自身のレーベルを立ち上げ、Warner Bros.と配給の契約を結び、ようやく今年6月に新作リリースへと漕ぎ着けた。

苦労の甲斐もあってか、アンソニー・ハミルトン(Anthony Hamilton)をデュエット相手に迎えたファースト・シングルの“So In Love”もR&Bチャートで上昇中と好評の中、ニューアルバム“The Light Of The Sun”は13万5000枚のセールスで初登場全米1位を達成。これまでは2ndアルバム“Beautifully Human: Words And Sounds Vol. 2”の初登場3位が自身の最高記録だったため、念願の全米1位獲得となった。この“The Light Of The Sun”日本盤はボーナストラック入りで7月27日に発売となる。

続くアルバム総合チャート2位には、カニエ・ウェスト(Kanye West)作品への参加で一躍有名になった、ジャスティン・ヴァーノンことボン・イヴェール(Bon Iver)の新作が10万4000枚のセールスで同じく初登場でチャートイン。先週初登場1位を手にしたエミネム(Eminem)とロイス・ダ・ファイブ・ナイン(Royce Da 5’9")によるユニット、バッド・ミーツ・イヴィル(Bad Meets Evil)名義のミニ・アルバムは6位に転落している。

一方、新作が5万5000枚のセールスで初登場7位となったピットブル(Pitbull)は、ニーヨ(Ne-Yo)らをゲストに迎えたシングル“Give Me Everything”がついに米Billboardシングル総合チャートで1位を獲得。アデル(Adele)の“Rolling In The Deep”に死守され4週にわたって2位に甘んじてきただけに、こちらも念願の1位達成となった。(s)

Jill Scott & Anthony Hamilton “So In Love” (live)