bmr

bmr>NEWS>[エイミー・ワインハウス、未完成の新作発売へ?]

NEWS

[エイミー・ワインハウス、未完成の新作発売へ?]

0000011393_image

英時間の今月23日に急逝したエイミー・ワインハウス(Amy Winehouse)が制作中だった、サード・アルバムの音源が発売される可能性が出てきた。

これはいち早く追悼企画などを立ち上げていた英Guardian紙が報じたもの。所属レーベル側によると、まだ未完成ながら‘枠組み’は仕上がっていた曲が12曲ほど存在するとのことで、「彼女は、楽曲の骨格は仕上げていたし、中にはさらに制作が進んでいるものもあった。みんな、ただただ素晴らしい出来だと興奮してばかりいたよ。ラフを聴いただけだが、どれもヴィンテージな極上のエイミー・サウンドだった」と語られている。なお、彼女の楽曲を聴いた同レーベル重役は、制作の初期段階となる2008年の時点で「センセーショナル」とそのサウンドを評していた。

もっとも同紙によれば、リリースをするにあたっては、彼女の所属レーベルやマネジメント側の意向はもちろんのこと、彼女の両親の許諾も必要になるという。さらにエイミー側の広報からは、未発表の楽曲は数多くあるものの、まだリリースするかどうかの話し合いはされてないとの発表がされている。

一方、彼女をプロデュースしてきたサラーム・レミ(Salaam Remi)は、「俺たちはたくさんの曲を作っていた。だがまず思うのは、何が遺されているかを考え、彼女の家族の意志を尊重することだ」と話しており、完成していると言える楽曲はあまりなく、またエイミーの遺産管財人側もリリースの許可を出していないという。しかし彼は、自身のブログ等で未発表曲や未発表バージョンを投稿、ネット上で公開しており、彼自身はエイミーの楽曲を世に出すことに積極的な姿勢のようだ。また、エイミーが表紙となるVIBE誌では、エイミーとのエピソードをレミが述懐しており、エイミーを発掘し契約まで導いた人物の結婚式に共に出席する予定があったことや、亡くなる数週間前にエイミーと共に、彼女と同じ誕生日のナズ(Nas)とビデオチャットをしていたことを明かしている。

加えて、以前にスヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)とのレコーディングの噂があったエイミーだが、亡くなった直後、スヌープのプロデューサーでもあるテラス・マーティン(Terrace Martin)は突然の訃報について「Wow…ちょうど昨夜、俺のハードドライブを色々見ていたら、エイミー、スヌープと俺で作った曲が何曲かあったのを見たとこでさ……rest in love」と気になる‘つぶやき’をTwitterに残している。

なお、今年1月にシー・ロー(Cee Lo Green)とデュエット曲をレコーディングしたという報道があったが、これについてシー・ローはE! Newsに対し、「たしかに共演について話し合った。共通の友人、サラーム・レミがいるからね。だが、一緒にレコーディング済だっていう噂があったけど、これは事実じゃない」と語っており、共演はあくまでも‘予定’に過ぎなかったようだ。シー・ローは「あまりに早すぎるし、残念だ。なんという損失だろう。音楽は娘を失ってしまった」と彼女の死を悼んでいる。(s)

“Roun’ Midnight”試聴リンク (サラーム・レミ ブログ)

“Unholy War (version 2.0)”試聴リンク (サラーム・レミ ブログ)

“Mr. Magic (live version)”試聴リンク (サラーム・レミ ブログ)

エイミー・ワインハウス
フランク~デラックス・エディション