bmr

bmr>NEWS>エイミー・ワインハウス、旧作が2週連続で全英1位

NEWS

エイミー・ワインハウス、旧作が2週連続で全英1位

0000011448_image

今週もエイミー・ワインハウス(Amy Winehouse)が母国イギリスのアルバム・チャートで1位を獲得した。また、ブラック・ミュージックを中心としたイギリスの音楽賞、MOBO Awards(Music of Black Origin Awards)で彼女のトリビュート・コーナーが設けられるという。

エイミー・ワインハウスは英時間7月23日の急逝後、過去のシングルやアルバムが再びチャートイン。2006年に発表したグラミー受賞作“Back To Black”は先週に引き続き英国チャート2週連続1位を記録。さらに2003年のデビュー作“Frank”も先週5位とトップ5にランクインしていたが、今週は3位へと上昇し、今年の‘怪物ヒット’アデル(Adele)の“21”を挟むかっこうとなった。またシングル・チャートではランクダウンしたものの、先週8位へと急上昇した“Back To Black”の表題曲は32位をキープ、トップ100に3曲もチャートインしている。アメリカでも、“Back To Black”が全米7位へと急上昇しており、大きな衝撃を与えた急逝による追悼ムードは世界中で広がっている。

こうした中、今年10月20日に開催されるMOBO Awardsでトリビュート・コーナーが設けられると報じられた。エイミー自身、デビュー作では2部門でのノミネートのみに留まったものの、2007年に最優秀英国女性アーティスト部門で授賞した同アウォード、まだ詳細は不明だが、ジェシー・J(Jessie J)ら複数のアーティストによってエイミーの曲をメドレーで披露することになるという。なお、彼女をプロデュースしていたマーク・ロンソン(Mark Ronson)の他にも、コールドプレイ(Coldplay)、過去にライブで共演経験のあるプリンス(Prince)などの大物アーティストらも自身の公演で追悼パフォーマンスを続々と披露している。(s)

Amy Winehouse performing at MOBO 2007