bmr

bmr>NEWS>ジョージ・マイケル、新作に「ゲイ集結」

NEWS

ジョージ・マイケル、新作に「ゲイ集結」

0000011479_image

オリジナルスタジオアルバムとしては7年以上ぶりとなる新作を制作中のイギリスのスター、ジョージ・マイケル(George Michael)がその新作を同性愛者、もしくはゲイ・フレンドリーなアーティストが集結したような作品にしたいと構想を明かしている。

昨年には、世界で2000万枚を売り上げた87年発表のソロ・デビュー作“Faith”のリマスター盤が発売され、またつい先日には英国が誇るソウル・シンガー、ビヴァリー・ナイト(Beverley Knight)がイギリスのR&B史を振り返るかのような最新作“Soul UK”でその“Faith”からのヒットシングル“One More Try”を取り上げるなど、近年改めて彼の功績が見直されている。

そのジョージ・マイケルが、2004年発表の“Patience”以来となる久々のニューアルバム制作に着手。Bang Showbizの取材に対し、彼は「ゲイかゲイ・フレンドリーなアーティストと制作したい」と構想を語った。「基本的に‘ゲイ集結’のような作品になる。自分で歌う曲もあれば、ほかのアーティストが歌う曲もあるような。多くのアーティストとのコラボレーション作にしたい」と説明。「ゲイ」にこだわった理由として、「私がひとりの同性愛者として、自分が何をすればゲイ・コミュニティに貢献できるだろうかと真剣に考えた結果だ。私は自分自身を貶めるようなことをするたびに、ゲイの若者たちも貶めてしまうといった問題があった。私は、これまで自分が為してきた行いでゲイ・コミュニティに与えてきた損害を取り返したい」と真摯に語っている。

どういったアーティストが参加するかは候補も含めまだ明らかにされていないが、アルバムそのものは、「自分が歌う曲と若いゲイ・アーティストたちが歌う曲」で構成され、「素晴らしいダンス・ミュージックのプロデューサー数人と制作する予定だ。私は48歳だが、ゲイの男たちとダンス・ミュージックの関係はまだ終わってないはずだ」と話しており、踊れる作品になるようだ。ジョージ・マイケルは10月からオーケストラを従えたツアーを行う予定だが、レコーディングはそのツアーの合間も縫って進められる模様だ。(s)

George Michael “One More Try” (live)

Beverley Knight “One More Try” (recorded live)