bmr

bmr>NEWS>レッチリ、クレイショーン監督のビデオをボツに

NEWS

レッチリ、クレイショーン監督のビデオをボツに

0000011532_image

“Gucci Gucci”の大ヒットで注目されている新鋭ラッパーにして映像クリエイターのクレイショーン(Kreayshawn)が監督した、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(Red Hot Chilli Peppers)のミュージック・ビデオがボツになった。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズは5年ぶりの新作ということで話題を集めているニューアルバム“I’m With You”からの先行シングル“The Adventures of Rain Dance Maggie”を先月リリース。このミュージックビデオの監督になんと新人のクレイショーンを抜擢し各方面から話題を呼んでいた。しかし、MTVの取材に応じたレッド・ホット・チリ・ペッパーズのアンソニー(Anthony)は、「インドアで、ひたすら暗くて湿っぽい、楽しくないものだった」というクレイショーン監督版をボツにし、「『これの反対をやろう』ってみんなで考えたんだ」と新たにマーク・クラスフェルド(Mark Klasfeld)を監督に迎えて再度撮り直されたバージョンを採用し、米時間の今月17日に公開している。クレイショーン自身は、自分が監督したビデオんついて「オーガニックな感じだけど、バンドを引き立てるような、彼らが超ヤバく見える内容」と語っていたが、このバージョンはお蔵入りという結果になったことになる。なお、クレイショーン版に出演していた女優のメラニー・ネルソン(Melanee E. Nelson)は、レッド・ホット・チリ・ペッパーズの所属レーベルであるWarner Bros.側からクレイショーン版は不採用になるとの話があったと語っている。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのニューアルバム“I’m With You”は8月31日に発売。

“The Adventures of Rain Dance Maggie”

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
I’m With You [Import, from US]