bmr

bmr>NEWS>オンラ、アジア音源ビート集第2弾リリースへ

NEWS

オンラ、アジア音源ビート集第2弾リリースへ

0000011633_image

フランス発のビートメイカー/プロデューサー、オンラ(Onra)が、ちょっと変わったテイストで新風を起こしたビート作品“Chinoiseries”の第2弾を完成させ、11月にも発売するという。

ドイツ生まれのフランス育ち、父はベトナム系というオンラは、国内レーベルからもアルバムをリリースするなど日本でもおなじみのビートメイカーで、DJとしても何度も来日。この9月末にもジャパン・ツアーを行うことも決定している。そのオンラの作品のなかでも、自身のルーツでもあるベトナムで購入したレコードを元に制作されたという“Chinoiseries”はいわゆるオリエンタリズムに走らず、あくまで素材としてアジアの音を活用した逸品だが、9月6日、その第2弾を完成したと自らTwitterで報告。さらに「11月には発売する」とも投稿している。

また3月11日の東日本大震災を受けて急遽発表されたチャリティ・コンピ“NIHON KIZUNA (日本:絆)”にも参加していたオンラ、5月にも来日したばかりだが、9月30日には、同じくフランスのビートメイカーであり“Mystic Voyage”などのアルバムを発表しているバディ・サティヴァ(Buddy Sativa)と共に来日パフォーマンスを行う。今回はDJではなく、オンラがサンプラーを、バディ・サティヴァがキーボードを操るという、ここ1年ほどふたりで繰り広げている即興ライブが期待できそうだ。9月30日のイベントは東京代官山のUNITでLUVRAW & BTBのアルバム・プレリリース・パーティと合わせて開催、そのほかにもDJ KENSEI、JULIEN Dyneらが参加する。