bmr

bmr>NEWS>エミネム×ロイス、コラボ作がゴールド認定!

NEWS

エミネム×ロイス、コラボ作がゴールド認定!

0000011637_image

エミネム(Eminem)とロイス・ダ・ファイブ・ナイン(Royce Da 5′ 9")のコンビ、バッド・ミーツ・イヴィル(Bad Meets Evil)が6月にリリースした“Hell the Sequel”が、アメリカで50万枚を越えるセールスを達成。ロイスにとっては初のゴールド・ディスクに認定された。

エミネムとロイス・ダ・ファイブ・ナインは共にデトロイト出身のラッパーで、エミネムがスターにのし上がる以前に共演していた旧友で、一時はエミネムのグループD12のメンバーと対立したこともあったアーティスト。実力派ラッパーが集まったグループ、スローターハウス(Slaughterhouse)のメンバーとしてエミネムのShady Recordsと契約したことから旧交を温め、このコラボ作“Hell: the Sequel”をリリースした。

なお、この“Hell: the Sequel”から1stシングルの“Fast Lane”が人気バスケットボール・ゲーム“NBA2K”シリーズの最新作である“NBA 2K12”にフィーチャーされており、予告編映像でもBGMとして使われている。