bmr

bmr>NEWS>ロバータ・フラックがビートルズをカバー

NEWS

ロバータ・フラックがビートルズをカバー

0000011800_image

名曲"Killing Me Softly With His Song"(邦題「やさしく歌って」)や、ダニー・ハサウェイ(Donny Hathaway)との共演盤などで知られる大御所ソウル・シンガーのロバータ・フラック(Roberta Flack)が、あのビートルズ(the Beatles)に挑戦する。

ロバータ・フラックは来年2月、ビートルズのカバー集となるニューアルバムを発表する。それに先駆け、今月27日にリード・シングル“We Can Work It Out”をiTunes限定でデジタル・リリースした(日本では未発売)。ロバータは、ビートルズが65年に発表したこの有名曲に、彼女らしいやわらかくソウルフルな解釈を施している。このカバー集をロバータの自主レーベルと組んでリリースするSony/ATV Music Publishingの副社長は、「ポップ・カルチャーにおける最も重要な楽曲たちをロバータ・フラックはユニークに解釈していて、とても素晴らしい」と語っており、他のカバー曲もロバータらしいアレンジとなっているようだ。ロバータ・フラックは、以前ジョン・レノン(John Lenon)とオノ・ヨーコ(Yoko Ono)が住んでいたのと同じダコタ・ハウス地区のビルに住んでおり、当時ジョン&ヨーコ夫妻とは仲良くしていたのだとか。

なお、この新作は2年以上前から制作を進めており、当初は昨年4月21日にリリース予定だったが、マスター音源データを入れたスーツケースをタクシーの中に置き忘れるという事件を起こし、後に発見されるものの、発売は延期となっていた。(s)