bmr

bmr>NEWS>「ヒップホップの母」シルヴィア・ロビンソンが逝去

NEWS

「ヒップホップの母」シルヴィア・ロビンソンが逝去

0000011827_image

1970年代にヒップホップ・ミュージックを音源化し、初のポップ・ヒットに結びつけたことで知られるSugar Hill Recordsの創始者でミュージシャンでもあったシルヴィア・ロビンソン(Sylvia Robinson)が亡くなった。5ヶ月に及ぶ入院の末、米時間の9月29日朝にニュージャージー州の病院で心不全で亡くなったと遺族のスポークスマンがSister2Sister誌に語っている。

シルヴィア・ロビンソンは1936年生まれ、ミュージシャン/プロデューサーとして活動し、ソロ・シンガーとしても“Pillow Talk”というヒットを生んでいる。70年代にSugar Hill Recordsをミルトン・モールデン(Milton Malden)とともに創立、79年にシュガーヒル・ギャング(Sugarhill Gang)“Rapper’s Delight”という世界初のラップ・ヒットを生み出し、その後もグランドマスター・フラッシュ&ザ・フューリアス5(Grandmaster Flash & the Furious Five)、ザ・シークエンス(the Sequence)、ファンキー・フォー・プラス・ワン(Funky Four Plus One)、トレチャラス・スリー(Treacherous Three)などヒップホップ・カルチャー黎明期に多くのアーティストを送り出した。