bmr

bmr>NEWS>シージー、ネカやロイ・エアーズ参加の音楽ドキュメンタリー映画を製作

NEWS

シージー、ネカやロイ・エアーズ参加の音楽ドキュメンタリー映画を製作

0000011849_image

アフリカ西部のナイジェリア連邦共和国にルーツを持ち、ソウルからアフロビート、サンバ、ハウスと多彩なサウンドを聴かせるシンガー・ソングライターのシージー(Siji)が、自身の初監督作品となるドキュメンタリー映画の製作に挑戦している。

英BBEから発表したアルバムで話題を呼んだシージーは、自身のルーツであるナイジェリアの歴史と音楽を辿るドキュメンタリー映画“Elder’s Corner”を製作。ナイジェリアが昨年、独立50周年を迎えたところからも影響を受けた同ドキュメンタリーには、ヨルバ・レコーズ創設者のオシュンラデ(Osunlade)、今年11月に久々の新作を発表する大御所ロイ・エアーズ(Roy Ayers)や、リッチ・メディーナなどが登場。劇中にはライブ映像も登場し、シージーはもちろんのこと、キザイア・ジョーンズ(Keziah Jones)や新作をリリースしたばかりのネカ(Nneka)ら同じくナイジェリア系のアーティストも参加しているという。

この“Elder’s Corner”の予告編を公開したシージーは、個人から投資を募るソーシャル・ファンディングのKickstarterにて投資を呼びかけている。映画の最終的な完成のための費用やサウンドトラックの製作費などを募っており、10月31日までに最低2万ドル(およそ153万円)を目標としている。15ドル(およそ1149円)以上の投資者には完成した映像がデジタル・ダウンロードできる権利が与えられ、以降投資額に応じて、サイン付きDVDや、Tシャツがもらえるなどの特典が増える。5000ドル(およそ38万円)投資すればエグゼクティヴ・プロデューサーのクレジットが与えられるとのこと。開始から4日目ですでに6,000ドルが集まっている。(s)