bmr

bmr>NEWS>ニコール、デビュー作をEUで再リリース

NEWS

ニコール、デビュー作をEUで再リリース

0000011962_image

今年3月に念願のソロ・デビュー作をヨーロッパで発表したプッシーキャット・ドールズ(Pussycat Dolls)のニコール(Nicole Scherzinger)だが、本国アメリカでのリリースがさらに延期。また、ヨーロッパでこのデビュー作を再リリースすることが発表された。

ニコールは、人気女性パフォーマンス・グループ、プッシーキャット・ドールズのリード・シンガーとして脚光を浴びた後、2006年に満を持してソロ転向を表明するもアルバムがお蔵入り。2011年になってようやくほぼ新録となったアルバム“Killer Love”を欧州で発表し、念願のソロ・デビューが叶った。

しかし、肝心の本国アメリカでの“Killer Love”リリースは、新曲を加え内容を改めた上で8月にリリースと発表されたものの、50セント(50 Cent)を迎えた新曲“Right There”が不調だったためか発売延期。一時は11月15日発売とされたものの、ここにきて再び先延ばしされ、12月6日のリリースへと延期された。

その代わりということなのか、元々イギリスのチャートでは2ndシングルの“Don’t Hold Your Breathe”が1位を獲得、“Right There”も3位になるなど好調だった欧州方面でのアルバム再リリースが決定。デヴィット・ゲッタ(David Guetta)とケリー・ローランド(Kelly Rowland)の大ヒットアンセム“When Love Takes Over”などを手がけたことで知られる双子姉妹のナーヴォ(Nervo)がソングライティングを担当し、ソウルショック(Soulshock)がプロデュースを務める新曲“Try With Me”を再リリース盤の1stシングルとして今月30日にリリースし、11月14日に新装版“Killer Love”を発売するという。ニコールはすでに“Try With Me”のミュージックビデオ撮影を終え、18日には公開されている。この新装版には、他に“Trust Me I Lie”、“Tomorrow Never Dies”といった新曲が加わるほか、“Right There”のリミックスも収録されるとのこと。(s)