bmr

bmr>NEWS>リアーナ、米シングルチャート3週連続で1位と絶好調

NEWS

リアーナ、米シングルチャート3週連続で1位と絶好調

0000012149_image

まもなくニューアルバム“Talk That Talk”をリリースする新世代ポップ・クイーン、リアーナ(Rihanna)だが、その第1弾シングル“We Found Love”が全英チャートで1位に返り咲いたのに続いて、全米チャート3週連続1位を獲得とノリにノっている。

カイリー・ミノーグ(Kylie Minogue)を手がけたことでも知られるエレクトロ/ハウス系プロデューサー/DJ、カルヴィン・ハリス(Calvin Harris)が制作した“We Found Love”は、米Billboardシングル総合チャート Hot 100に初登場で16位と、自身2番目の記録となる好スタートを切った。元恋人であるクリス・ブラウン(Chris Brown)との過去を思わせる内容で波紋を呼んだミュージック・ビデオ公開後に一気に2位へと上昇し、その後トップに躍り出ていたが、最新チャートでも1位をキープ、3週連続で全米チャートを制した。

さらに先週金曜にリリースしたばかりのセカンドシングル“You Da One”も、わずか2日の集計期間しかなかったにもかかわらず、勢いに乗って初登場で73位に登場。ラジオオンエアでは早くも3800万人が視聴したという驚異的な数字となっており、来週はかなりのジャンプアップが予想されるところ。

リアーナのニューアルバム“Talk That Talk”は全米で11月21日(日本盤は11月26日)発売。すでに試聴した一部メディアからはリポート記事が出ており、スターゲイト(Stargate)がプロデュース、ジェイ・Z(Jay-Z)がゲスト参加した表題曲ではノトーリアス・B.I.G. (Notorious B.I.G.)の“I Got A Story To Tell”が、“Drunk on Love”ではThe xxの“Intro”がサンプリングされているとか。また、チェイス&ステイタス(Chase & Status)の“Saxon”をサンプリングしたデラックス盤のボーナス曲“Red Lipstick”では、なんとメタリカ(Metallica)の“Wherever I May Roam”から序盤のギターリフもサンプリングしているという。(s)