bmr

bmr>NEWS>元ジャネイのジーン、「再結成はない」

NEWS

元ジャネイのジーン、「再結成はない」

0000012157_image

“Hey Mr. DJ”などのヒットで知られ、アルバム2枚のみの発表で解散するも今なお人気の高い女性R&Bデュオ、ジャネイ(Zhane)。そのメンバーだったジーン・ベイラー(Jean Norris-Baylor)がジャネイ再結成の意志がないことを明言した。

ジャネイ解散後はそれぞれソロの道を進み、ジーン・ベイラーは2007年に初のソロ・アルバム『Testimony: My Life Story』をデジタル・リリース(※今年からiTunesなどでも取り扱いがスタート)。先月にはシングル“For A Reason”をリリースしていたジーンが、SoulTrain.comのインタビューに応じ、まもなくクリスマスEPをリリースすることを明かした。「全曲オリジナルよ。中でも1曲、すごく嬉しい出来のものがあるの。友人のエリック・ロバーソン(Eric Roberson)とのデュエットで、まるでダニー・ハサウェイ&ロバータ・フラック(Donny Hathaway & Roberta Flack)みたいなの」とにこやかに語っている。

続いて、すでに解散後10年以上経つジャネイの再結成の可能性を尋ねられると、「私はずっとソロ・アーティストとしての道を進んでいるけど、とりあえずその質問にはいつも“さあ”って答えてるの」と素っ気なく回答。「ジャネイ解散後、私は素晴らしい男性で才能のあるミュージシャンにしてプロデューサー、マーカス・ベイラー(Marcus Baylor)と結婚できる幸運を授かったの。初のソロ作『Testimony: My Life Story』は私たちで作り上げて、私たちのレーベル Be A Lightからリリースした。ふたりでベイラーズ(The Baylors)っていうプロダクション・チームも始めたし、本当に楽しんでいるところ」と、夫婦での音楽制作に満足している旨を続けて語り、再結成にはまったく興味はなさそうだ。加えて、“元ジャネイ”いう過去が現在のソロ活動において「時に邪魔になる」と述べ、インタビューの度にジャネイの話を求められることが「退屈」とも話している。

ジーン・ベイラーのクリスマスEPは、サンクスギビング(今年は11月24日)にiTunesなどでリリースされる予定とのこと。“For Your Love”という曲で参加するエリック・ロバーソンのほか、ミュージック・ソウルチャイルド(Musiq Soulchild)のプロデュースなどで知られるアイヴァン・バリアス&カーヴィン・ハギンス(Ivan Barias & Carvin Haggins)らも参加しているとか。すでにこの新作からは14日にリード・シングルとして“Celebration”がデジタル・リリースされている。

ジャネイは、米フィラデルフィアのテンプル大学に通っていたジーンとレネイ・ヌーフヴィル(Renee Neufville)によって結成。ノーティ・バイ・ネイチャー(Naughty by Nature)のケイ・ジー(Kay Gee)に認められた彼女たちは、彼のプロデュースで1993年、“Hey Mr. DJ”でデビュー。大ヒットとなった同曲を含むデビュー・アルバム『Pronounced Jah-Nay』を94年にリリースした。97年の『Saturday Night』をリリース後、解散。ジーン同様にレネイもソロ活動を行っており、ロイ・ハーグローヴ(Roy Hargrove)のRH・ファクター(RH Factor)や、久保田利伸のUSアルバム『Time To Share』などに参加している。(s)