bmr

bmr>NEWS>ブランディ、R&B回帰の新作は4月に

NEWS

ブランディ、R&B回帰の新作は4月に

0000012208_image

新生RCA Recordsからのニューアルバムについて、「本当にこれが私に残された最後のチャンスだと思う」と並々ならぬ気合いで臨んでいるR&Bシンガーのブランディ(Brandy)だが、どうやら来年4月のリリースを目指しているようだ。

ブランディ新作に参加しているプロデューサー/ソングライターのショーン・ギャレット(Sean Garrett)が、その新作の内容について米R&B/ヒップホップ・サイトのRap-Up.comに対し、明かした。以前にもブランディ自身が「このアルバムで私は自分のルーツに戻りたい。私の核に。私はR&Bの人間だし、ファンが聴きたいと思うものを聴かせたい」と語っていたが、ショーン・ギャレットも、「マジでR&Bを取り戻そうと思うんだ、この機会に」と熱弁。プロデューサーにはバングラデシュ(Shondrae "Bangladesh" Crawford)、ヒット・ボーイ(Hit-Boy)、ザ・ビズネス(Tha Bizness)らが参加し、ヒップホップ色濃いビートもあるとのことだが、「でも同時にめちゃくちゃメロディアスなラブソングだ」という。

ショーン・ギャレットがプロデュースしたという1stシングルについては、「とにかくホット。ブランディがあんなトラックで歌っているのなんて聴いたことないと思うよ。コマーシャルだけど、ドープ。クラブでもラジオでもどこでもかけられる」と自信をのぞかせ、クリスマス前には耳にできるとのこと。ショーン・ギャレットとブランディは今月中旬に一緒にUstreamに登場し、ビズネスがプロデュースした新曲をさわりだけ聴かせたほか、“Silent Night”という新曲もリークされている。気になるアルバムのリリースについては、来年の4月頃とのこと。

なお、ブランディは10年ぶりの映画出演となるタイラー・ペリー(Tyler Perry)監督作“The Marriage Counselor”の公開も来年に控えている。(s)