bmr

bmr>NEWS>クレイショーン、デビュー作の遅れは多忙が原因

NEWS

クレイショーン、デビュー作の遅れは多忙が原因

0000012372_image

ブランド信仰を皮肉った“Gucci Gucci”のミュージック・ビデオが話題を呼び、メジャーレーベルのColumbia Recordsとの契約を勝ち取った白人女性ラッパーのクレイショーン(Kreayshawn)が、一向に続報の聞こえてこないデビュー・アルバムは多忙のあまり制作が進んでいないと明かした。

今年5月に発表した“Gucci Gucci”のミュージックビデオが3週間で300万回近い視聴回数を記録するなど話題を呼び、無名の新人ながらすぐさまColumbiaとのメジャー契約が決まったクレイショーン。来年4月には幕張メッセで開催される春フェス「SPRINGROOVE 2012」で初来日することも決定するなど注目を集めている彼女だが、9月の時点で「年内に完成する」と言っていたデビュー作について続報が途絶えていた。

地元サンフランシスコのメディア、SF Gateの取材でこの1年を振り返った感想を尋ねられた彼女は、「アルバムを出せていないけれど、すごくクレイジーな年だった。リリースできればさらにクレイジーな年になるでしょうね」とコメント。ここで、しばらく新曲リリースも途絶えているため本当にアルバム制作中なのか?と疑われると、「3ヵ月も4ヵ月もツアーをしていたのよ。スタジオに入ることができたのは今月(12月)だけだったんだから」と、急な人気上昇で多忙になったことが原因と説明し、「もうちょっとでアルバムにするだけの曲数がそろうところよ。早く完成させたいわ。そうすればみんな黙りこむでしょ」と返している。

なお、米Rolling Stone誌によると、来年リリース予定となるデビューアルバムには、ウィル・アイ・アム(will.i.am)の片腕でクリス・ブラウン(Chris Brown)“Look At Me Now”などを手がけたソングライターのジャン・バプティスト(Jean Baptiste)や、独エレクトロ系DJのボーイズ・ノイズ(Boys Noize)らが参加、「ブラジル音楽からインドのフリースタイル、テクノまで、なんでもアリ」の内容になるとか。また、共にホワイト・ガール・モブ(White Girl Mob)というクルーに所属するベイエリアの白人女性ラッパー、V・ナスティ(V-Nasty)もゲスト参加しているとのこと。友人というV・ナスティとは、6月に発表したミックステープ“Kreayshawn X The Bay”でもすでに共演している。(s)