bmr

bmr>NEWS>マイケル甥っ子オースティンのデビュー作にQ・ティップ、ファレルらも参加へ

NEWS

マイケル甥っ子オースティンのデビュー作にQ・ティップ、ファレルらも参加へ

0000012459_image

故マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)の姉リビー・ジャクソン(Rebbie Jackson)の息子で、マイケルやジャネット・ジャクソン(Janet Jackson)にとって甥っ子にあたるオースティン・ブラウン(Austin Brown)がいよいよ待望のデビューに向けて本格的に動きだしたようだ。

ジャクソン家の中では一番仲が良いというジャネット出演の映画プレミア公開時にジャネットと共に出席するなどしていたオースティンは、2010年にマイケルの"You Rock My World"やジャネットの"Feedback"を手がけたことで知られるロドニー・ジャーキンス(Rodney Jerkins)プロデュースの“Target Practice”という曲を発表、昨年5月には制作中のデビュー作からの楽曲を用いた予告編映像を公開し、「ジャクソンの血を継ぐ者」としての存在感を放っていた。

昨年6月にはマイケルを彷彿とさせるファルセットが響く70年代ソウル調の1stシングル“All I Need”をリリースしてたが、いよいよ2月14日のバレンタインに2ndシングル“Menage A Trois”をリリース。ミュージックビデオも同日に公開予定で、撮影風景の映像がすでに公開されている。当初、彼の生年からとった“85”というタイトルだったデビューアルバムは、“Highway To The Sky”というタイトルに改められた模様で、すでに報じられていたロドニー、90年代にマライア・キャリー(Mariah Carey)と共に様々なヒット曲を生んだ大御所ウォルター・アファナシエフ(Walter Afanasieff)の他に、Qティップ(Q-Tip)、ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)、ジェリー・ワンダ(Jerry "Wonda" Duplessis)らも参加していることが明らかになった。またオースティン自身も、バックパック・キッズ(Backpack Kids)なる音楽制作チームを組んで制作に当たっているようだ。彼はギター、キーボード、ベース、ドラムと4種の楽器を演奏でき、また運動神経も抜群なようで、無論ミュージックビデオでは華麗なダンスも披露している。(s)