bmr

bmr>NEWS>春フェスで来日のアジーリア・バンクス、メジャー契約を獲得

NEWS

春フェスで来日のアジーリア・バンクス、メジャー契約を獲得

0000012501_image

音楽メディアNMEによる期待の新人アーティストを紹介する恒例企画「NME COOL LIST 2011」で1位に輝き、今後の活躍が期待される注目株の女性ラッパー、アジーリア・バンクス(Azealia Banks)がメジャー・レーベルのUniversal Musicと契約したと発表した。

アデル(Adele)らを抱える英インディ・レーベルXL Recordingsと契約していたアジーリアは、昨年末に「ところで、これからの私はインディペンデントでやっていく気はない」と気になる声明をTwitterで発表していたが、その言葉どおり、世界最大手となるUniversal Musicと正式に契約したと今月18日に発表した。アデルらを手がけた英ベテラン・プロデューサーのポール・エプワース(Paul Epworth)のプロデュースでデビュー・アルバムを制作中とされている彼女だが、アルバムについては「5月かな? 6月ってのもあるかも?」とコメントしており、今年前半のリリースを目指しているようだ。また今月16日の故アリーヤ(Aaliyah)の33歳の誕生日には、アリーヤ“One In A Million”をサンプリングしたマシーンドラム(Machinedrum)の曲“SXLND”を用いた“NEEDSUMLUV”という新曲を発表している。

アジーリアは米ニューヨークはハーレム出身の女性ラッパーで、先の「NME COOL LIST 2011」で1位になったほか、2011年に発表した楽曲“212”がNPR Musicの「NPR Music’s 100 Favorite Songs Of 2011」に選出。またアデル、ジェイムス・ブレイク(James Blake)らのブレイクにもつながった、英BBC放送による期待の新人アーティストを紹介する恒例企画「Sound of」の2012年版でも、フランク・オーシャン(Frank Ocean)に続く第3位となるなど、各メディアから熱い注目の眼差しを受けている。なお、すでに今年4月には、世界的な米野外フェス「Coachella Valley Music and Arts Festival」への出演や、幕張で開催される日本の春フェス「Springroove 2012」への出演が決定している。(s)