bmr

bmr>NEWS>『ソウル・トレイン』のドン・コーネリアス、自殺と断定

NEWS

『ソウル・トレイン』のドン・コーネリアス、自殺と断定

0000012621_image

MTVなどの音楽専門チャンネルが登場する以前の1971年にスタートし、世界にソウル・ミュージックやダンス、ファッションなどを伝え「文化」を築いた『ソウル・トレイン』の創始者にして名物司会者ドン・コーネリアス(Don Cornelius)(享年75歳)。2月1日に伝えられ世界中に衝撃を与えた彼の死が、一部報道どおり自殺によるものと断定された。

米時間の1日早朝、銃声がしたとの息子からの通報でかけつけた警察官により米カリフォルニア州ロサンジェルスのマルホランドドライブにある自宅で、ドン・コーネリアスは頭に銃弾を受けて亡くなっているのが発見された。当初から犯罪性はなく自殺の可能性が高いと報じられていたが、3日に実施された検死解剖の結果によって自殺であると断定された。検死当局は、毒物検査の結果を待って最終報告書を提出するという。遺書などは発見されていない。

彼は2009年に妻との離婚調停が成立したが、「私は72歳で深刻な健康の問題を抱えている。死ぬ前に離婚を成立させたい」との陳述があったと法廷書類に記されていたとされている。

ドン・コーネリアスの逝去を受け、音楽業界の重鎮たちからコメントが寄せられる中、息子のトニーから家族のプライバシーの尊重を願うとともに「『ソウル・トレイン』の偉業を称えてくださる皆様のお気持ちに感謝します」との声明が出され、ドン・コーネリアスが番組エンディングで使用していた決めゼリフ「Love, Peace & Soul」で締めくくられている。(t)
(photo by Jen Knoedl)