bmr

bmr>NEWS>10周忌のレフト・アイ、未発表音源が公開される

NEWS

10周忌のレフト・アイ、未発表音源が公開される

0000012728_image

TLCのレフト・アイ(Lisa “Left Eye” Lopes)の10周忌となる今年、彼女のラップの入った未発表音源が公開された。

これは、米ミシガン州のヒップホップ・グループ、デイトン・ファミリー(The Dayton Family)のメンバーであるブートレグ(Bootleg)の曲“Fantasies”で、亡くなる2、3ヵ月前に録音されたレフト・アイのラップをフィーチャーした未発表曲。ブートレグはデジタル音楽レーベルのBlock Starz Musicとソロ契約を結んでおり、彼がリリースを予定しているソロ新作に収録されるという。試聴音源が今月21日に同レーベルにより公開されており、レフト・アイは冒頭で「夢は幻想だって言う人がいるけれど……」という前口上を語り、2番目のバースを担当、さらにサビ部分でもブートレグと共に合唱している。ブートレグによれば、これまで権利問題が障害となってリリースできなかったものの、ようやく解決しこの10周忌にあわせてリリースを決めたとのことだ。

デイトン・ファミリーのメンバーに共通の友人がいたことから実現したというこのコラボだが、ブートレグはレフト・アイについて「あんなに強くて、自立していて、自信に満ち溢れている女性に会ったことがない。初めて挨拶した時、まるで家族が再会した時みたいに腕を伸ばして抱きしめてくれた。そしてスタジオでは彼女の仕事の速さとプロフェッショナリズムに驚かされたよ」と振り返っている。

レフト・アイは2002年4月に中米ホンジュラスへ向かう道中、レフト・アイ自らが運転した車が事故を起こし、帰らぬ人となった。2009年にはMass Appeal Entertainmentから未発表音源なども含むコンピレーション“Eye Legacy”が発表されている。(s)