bmr

bmr>NEWS>アデル、史上初の快挙をアルバムとシングル両チャートで同時達成

NEWS

アデル、史上初の快挙をアルバムとシングル両チャートで同時達成

0000012739_image

先日のグラミー賞ではノミネートされた6部門すべてをさらい、のどの手術による休養からの復帰後、初のパフォーマンスでも観衆を沸かせたアデル(Adele)が、米Billboardのアルバム総合チャートとシングル総合チャートの両方で、史上初となる快挙を同時に達成した。

アデルのアルバム“21”はすでに世界で1700万枚以上を売り上げているが、今回のグラミー6冠効果で北米での1週間の売り上げがなんと73万枚を記録。今週も余裕で全米アルバム総合チャート1位を獲得し、これで通算21週目の全米1位となった。これは故ホイットニー・ヒューストン(Whitney Houston)が持っていた、映画『ボディガード』サウンドトラックの通算20週を超える記録で、女性アーティストとしては史上最多となり、Billboard誌の56年におよぶ歴史を塗り替えている。

さらに“21”から昨年発表されていたシングル3曲もトップ10内に同時チャートイン。現時点での最新シングル“Set Fire To The Rain”は先週に引き続きシングル総合チャート2位を維持、2ndシングル“Someone Like You”は先週11位から7位へと浮上、さらにグラミー最優秀レコード賞と最優秀楽曲賞に輝いた1stシングル“Rolling In The Deep”はチャートイン59週目ながら先週の17位から一気に5位まで急上昇した。女性アーティストで、ゲスト参加曲を省きトップ10内にシングル3曲すべてがチャートインしたのはこれが初めてのこと。アデルは今週、アルバム・チャートとシングル・チャートの両方で史上初の記録を生んだことになる。なお男女あわせても、ゲスト参加曲を省いてトップ10内に自身のシングルが3曲以上チャートインしたのは、ビートルズ、ビージーズ、アッシャー、クリス・ブラウンに続く史上5人目となる。

加えて、アルバム発売からおよそ1年が経つ中の今週の73万枚という売り上げは、発売初週やクリスマス商戦でのセールスよりも2倍以上、さらに前週比3倍以上となる49万3000枚増という驚異の伸び。集計会社Nielsen SoundScanによると、この増加率は、2003年にノラ・ジョーンズ(Norah Jones)が同じくグラミー効果で出した前週比14万4000枚増をはるかに超えるもので、これも史上初とのこと。(s)