bmr

bmr>NEWS>ニッキー・ミナージュ、ニューシングルが米英で好調な滑り出し

NEWS

ニッキー・ミナージュ、ニューシングルが米英で好調な滑り出し

0000012751_image

スーパーボウル・ハーフタイムショウ、グラミー賞、NFLオールスター2012とビッグ・イベントに連続出演と大舞台続きの人気女性ラッパー/シンガー、ニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)による最新シングル“Starships”が好調な滑り出しを見せている。

グラミー賞では新曲“Roman Holiday”を披露したニッキーだが、その直後にはまた別の新曲“Starships”を発売。ガガなどを手がけたレッドワン(RedOne)がプロデュースを務めたポップなダンス曲となっているが、クリス・ブラウン(Chris Brown)“Turn Up the Music”をおさえて米Billboardシングル総合チャートで初登場9位にランクイン。これは初登場記録としては自身最高。またイギリスでも先週の16位から7位へと急上昇。デイヴィッド・ゲッタ(David Guetta)との“Turn Me On”も先週11位から8位へとランクアップしており、イギリスでもその人気ぶりを示している。

また、彼女の人気を幅広い層に広げた“Super Bass”や最新シングル“Starships”などで「売りに走っている」「ポップだ」と批判される中、ニッキーはリル・ウェイン(Lil Wayne)をゲストに迎えた新曲“Roman Reloaded”を公開し、その詞の中で反論を展開。またその詞の意図をラジオ番組に出演して説明し、「みんなには、私がどんな時だって十分に理解した上でやってるってことを分かってほしいわ。“Starships”の次はアーバンなものを出していくつもりだし、もし“Roman Reloaded”みたいな曲を私が発表できないとしたらそれは問題だけど、そんなことはないわけだし。でもポップな曲はあらゆるところにリーチできる。ヒップホップのファンや文化は私が(ヒップホップから)消えてしまうのを恐れてるみたいだけど、これが私なの。私は何も変わっていきはしない。ただ私というブランドに付け加えているだけ。もしこれであなたが私の話を理解できないというなら、それはきっとあなたが世界というものを知らないからね。きっとこれ以上の会話は無駄だと思うわ」と批判を切り捨てている。

ニッキー・ミナージュのニューアルバム“Pink Friday: Roman Reloaded”は北米で4月3日の金曜日に発売予定。(s)