bmr

bmr>NEWS>デ・ラ・ソウルの別プロジェクト、日本盤発売も決定

NEWS

デ・ラ・ソウルの別プロジェクト、日本盤発売も決定

0000012765_image

ヒップホップにちょっとオタクっぽい楽しい要素を持ち込んで90年代に大人気となったグループ、デ・ラ・ソウル(De La Soul)から、「プラグ1&プラグ2」ことポス(Posdunas)とトゥルゴイ(Trugoy / Dave)のふたりが、フランスのDJ/プロデューサー・デュオと組んだコンセプト・アルバム“First Serve”を制作。既に世界中のヒップホップ・ファンの間で話題を呼んでいるこの作品に、全対訳付きの日本盤がリリースされることが決まった。

2&4ことチョコレート&カリッド(Chocolat & Khalid)というフランスのデュオと組んで制作されたこのプロジェクト、単に「フレンチ・サウンドにデ・ラのふたりが組んだ」では終わらせないための趣向が凝らされているのが、いかにもデ・ラ・ソウル的。90年代末のNYクイーンズを舞台に、ディーンとポップライフというラッパーふたりによるグループという設定のファースト・サーヴ(First Serve)を主人公に、独自のストーリーを展開するというコンセプト・アルバムになっているという。すでにミュージックビデオが公開されている“Must B the Music”は、このファースト・サーヴの最初のヒット曲という設定だとか。なお彼らは、アルバム発売に先駆けてすでに昨年末、ミックステープ“The Goon Time”を無料で配信している。

デ・ラ・ソウルの初期作を思わせるようなハッピーなパーティ・アルバムとなりそうなこの“First Serve”、日本盤は対訳やボーナストラックなどを収録して3月28日に発売される。

“First Serve” tracklisting:
1. Opening Credits
2. Pushin’ Aside, Pushin’ Along
3. The Work
4. Small Disasters
5. We Made It
6. We Made It (Interlude)
7. Must B The Music
8. Goon TV (Interlude)
9. The Book Of Life
10. Clash Symphony
11. Pop Life
12. Tennis
13. The Top Chefs
14. Backstage (Interlude)
15. Move ‘Em In, Move ‘Em Out
16. Ending Credits