bmr

bmr>NEWS>『THIS IS IT』の日系女性シンガー、スパイク・リー新作映画で大々的にデビューへ

NEWS

『THIS IS IT』の日系女性シンガー、スパイク・リー新作映画で大々的にデビューへ

Judith Hill

マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)が予定していたツアー「This Is It」のコーラス・メンバーで、そのドキュメンタリー映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』や数々のトリビュート・コンサートへの出演でも知られる女性シンガー、ジュディス・ヒル(Judith Hill)が、あのスパイク・リー(Spike Lee)の新作映画サウンドトラックで大々的にフィーチャーされていることが分かった。

ジュディス・ヒルは、共にルーファス(Rufus)やスライ・ストーン(Sly Stone)のバックで演奏するなどジャズ/ファンク系の活動をしてきたベーシスト/プロデューサーのロバート・ヒル(Robert Hill)と東京出身のピアニスト、ミチコ・ヒル(Michiko Hill)を両親に持つ女性シンガー。2009年7月のマイケルの追悼式典で“Heal The World”のリード・ボーカルという大役を務めて脚光を浴び、後に“I Just Can’t Stop Loving You”でマイケルの相手役を務めた『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』が公開されてさらに注目を集めた。日本ではAIの「For my Sister」でデュエットもしている。

その彼女が、ついに本格的にデビューすることになる。『ドゥ・ザ・ライト・シング』や『25時』などの監督で知られるスパイク・リーの新作映画『Red Hook Summer』のサウンドトラックに、なんと彼女のオリジナル曲10曲が収録されるという。スパイク・リーは、ロサンゼルスのW Hotelで開かれたトリビュート・コンサートでのジュディスのパフォーマンスに感銘を受けてすぐに楽屋に向かい、「何か使わせてもらえる曲があるなら、俺の映画に使わせてもらえないだろうか」とその場で交渉したという。収録された10曲の多くはソウルフルなバラード曲とのことで、今年1月にサンダンス国際映画祭でプレミア上映された際にはジュディスも数曲パフォーマンスを披露したとか。詳細は明かされていないが、近年はジョス・ストーン(Joss Stone)なども手がけ、ユーリズミックス(Eurythmics)やスーパーヘヴィ(SuperHeavy)の活動でも知られるデイヴ・ステュワート(Dave Stewart)らと制作した曲もあるほか、エリック・ベネイ(Eric Benet)やフェイス・エヴァンス(Faith Evans)とデュエットした曲も収録される可能性があるとのこと。

スパイク・リーが「とんでもない才能の持ち主だ」と絶賛するジュディス・ヒルのデビュー作ともなるこのサウンドトラック、詳しい発売日は不明だが、映画『Red Hook Summer』の北米公開となる8月ごろのリリースとなるようだ。(s)