bmr

bmr>NEWS>デヴィッド・バナーがクリス・ブラウン、ウィージーら計19組参加の無料作品を5月に

NEWS

デヴィッド・バナーがクリス・ブラウン、ウィージーら計19組参加の無料作品を5月に

0000012919_image

ラッパー/プロデューサー/俳優として多彩な活躍を続けるデヴィッド・バナー(David Banner)が、リル・ウェイン(Lil Wayne)、ゲーム(Game)、スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)といった人気ラッパーからクリス・ブラウン(Chris Brown)、ラヒーム・ディヴォーン(Raheem DeVaughn)、タンク(Tank)ら人気R&Bシンガーまで計19組の豪華アーティストを招いたアルバムを、なんと無料で発表するという。

デヴィッド・バナーは“Sex, Drugs & Video Games”と題した新作を準備中で、これにリル・ウェイン、ゲーム、スヌープ、クリス・ブラウン、ラヒーム、タンク、バン・B(Bun B)、エイサップ・ロッキー(ASAP Rocky)、ニプシー・ハッスル(Nipsey Hussle)、トゥー・チェインズ(2 Chainz)、メイノー(Maino)、カーディナル・オフィシャル(Kardinal Offishall)など豪華アーティストが集結。にもかかわらず、基本的には無料で公開するというのだ。バナーは公式サイトにて、このアルバムを発表する目的を「アーバン・ミュージックはいまも価値あるものであると世界に知らしめること」と説明。200万ダウンロードを目標として、無料でダウンロードする代わりに最低1ドルの寄付を呼びかけ、200万ドルを目標にチャリティ活動のための寄付金を集めたいとのこと。バナーはこれを「2M1 Movement」と名付け、広く寄付を呼びかけており、「たとえ俺のことが嫌いでも、少なくともこの運動をサポートすることはできるだろう? 俺はこのプロジェクトのためにかなりの身銭を切った。でも君たちだって1ドルくらいは少なくとも払えるはず。クリス・ブラウンやリル・ウェインは安くはないんだぜ(笑)」と綴っている。

このスーパースター集結の無料アルバム“Sex, Drugs & Video Games”は5月22日にリリース予定で、このリード曲として先日には同じミシシッピ出身のラッパー、ビッグ・K.R.I.T.(Big K.R.I.T.)を迎えた“Believe”のミュージックビデオも公開。また、リル・ウェインとトゥー・チェインズを迎えた“Yao Ming”、これのクリス・ブラウンとエイサップ・ロッキーを迎えた別バージョン“Yao Ming (Look At My Daddy)”の音源もすでに公開されている。

なお、ハリケーン・カトリーナ被災地支援など市民活動にも熱心なバナーは、以前にTV番組に出演した際、「なぜみんながレコードを買わないか、それは職にありつけない人間が多いからだ」などアメリカの社会状況の問題を指摘し、あわせて「あまりにも‘企業的’になりすぎた」というヒップホップの現状について「俺たちはいまだに(アフガニスタンで)戦争を続けているし、いまだに不況は続いている。なのに音楽の中でそうした話が出てこないのはなぜだ。もし俺たちがそんなにハードで、そんなにギャングスタなんだったら、なぜ立ち上がろうとしない?」と熱弁をふるったこともあり、そうした想いが今回のプロジェクトには込められていると思われる。(s)