bmr

bmr>NEWS>ビーバーやクリス・ブラウンらも参加、リル・トゥイストのデビュー作はまもなく?

NEWS

ビーバーやクリス・ブラウンらも参加、リル・トゥイストのデビュー作はまもなく?

0000012972_image

人気ラッパー、リル・ウェイン(Lil Wayne)率いるYoung Money軍団に17歳で契約した若手ラッパー、リル・トゥイスト(Lil Twist)。デビュー作については昨年から予定は立っていたものの同レーベルの常で延期が続いていたが、ようやくアルバムのカバーアートが公開され、リリースが近づいてきたようだ。

ヤング・ホット・ボーイズ(Young Hot Boyz)というデュオとしても活動しているリル・トゥイストだが、ソロ・デビュー作となる“Don’t Get It Twisted”は昨年11月の発売予定から延期を続けており、年明けの段階では3月20日発売予定だったのが4月17日に延期。だがこれも発売が迫りながら詳細はいまだ不明で、大手ECサイトでも「発売日未定」とされていることから、さらに延期していると思われる。しかし今月7日になってようやくアルバムのカバーアートが登場。発売の兆しが見えてきた。

このトゥイストのデビュー作は、リル・ウェインはじめYoung Money/Cash Moneyの‘同僚’となるドレイク(Drake)、ニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)、バスタ・ライムス(Busta Rhymes)、バウ・ワウ(Bow Wow)、タイガ(Tyga)の参加はもちろんのこと、トゥー・チェインズ(2 Chainz)、ザ・ドリーム(The-Dream)、クリス・ブラウン(Chris Brown)、さらにはジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)までが加わった豪華なラインナップが発売前から話題を呼んでいる。同年代ということもあって以前から仲が良いビーバーとは、コラボ・ミックステープを作るという話も飛び出すほど。最近のインタビューでは、このデビュー作は14曲が収録予定とのこと。

リル・トゥイストのデビュー作“Don’t Get It Twisted”からは、2010年にバウ・ワウとの“Little Secret”、2011年にはウェインを迎えた“Love Affair”とマイショーン(Mishon)参加の“New Money”、そして今年に入ってバスタとの“Turn’t Up”と続々とシングルが発表されている。(s)