bmr

bmr>NEWS>クエストラブ、A・キジョー、チューン・ヤーズらがフェラ曲をコラボ・カバー

NEWS

クエストラブ、A・キジョー、チューン・ヤーズらがフェラ曲をコラボ・カバー

0000013315_image

1960年代から70年代を中心に活躍、「アフロビート」の創始者として今なお大きな影響力を持ち、ナイジェリアの「黒い大統領」とも呼ばれたフェラ・クティ(Fela Kuti)。エイズ・チャリティを目的としたコンピレーション・シリーズ“Red Hot +”が、その伝説的なミュージシャンのトリビュート・アルバムを発表する。

Red Hot Organizationは、エイズ/HIVのチャリティを目的として、エイズによる合併症で亡くなったフェラ・クティのトリビュート集を2002年に“Red Hot + Riot”としてリリース。ディアンジェロ(D’Angelo)やコモン(Common)、タリブ・クウェリ(Talib Kweli)らが参加し、大きな話題を集めた。近年、フェラ・クティの生涯を音楽と共に描いたミュージカル“Fela!”の大ヒットもあって再評価の動きが盛んになってきている中、10年ぶりにこのトリビュート集が復活。ボノ(Bono)らの主導でも知られるチャリティ商品運動(Red) Initiativeと共同して、“(Red) Hot + Fela”として今秋発売される。

そしてその第一弾シングルとして、前作“Red Hot + Riot”にも参加していたザ・ルーツのクエストラブ(Questlove of the Roots)に、ベナン共和国出身の世界的な歌手アンジェリーク・キジョー(Angelique Kidjo)、女性ラッパーのアクア・ナル(Akua Naru)に、アヴァンギャルドなサウンドで注目を集めるインディ・ポップの女性シンガー、チューン・ヤーズ(tUnE-yArDs)の4組がコラボレーションし、フェラ・クティの“Lady”をカバー。このシングルは6月1日にiTunesでデジタル・リリースされる予定で、同日に「(Red) Rows」というチャリティ・オークション・サイトもオープン。こちらでは、コールドプレイ(Coldplay)やブラック・キーズ(The Black Keys)、エルヴィス・コステロ(Elvis Costello)らの特別コンサートのチケットや商品が出品される予定。

なお、メリル・ガーバス(Merrill Garbus)のソロ・プロジェクトであるチューン・ヤーズは、クエストラブのザ・ルーツ(The Roots)主催となるイベント「Roots Picnic」に過去にも出演したことがあるが、今年6月2日と3日に開催される第5回目の「Roots Picnic」への出演も決定している。(s)