bmr

bmr>NEWS>エミリー・サンデー、ロングヒット中のデビュー作が再び全英チャート1位に

NEWS

エミリー・サンデー、ロングヒット中のデビュー作が再び全英チャート1位に

0000013329_image

スコットランド出身の新進女性シンガー・ソングライター、エミリー・サンデー(Emeli Sande)のデビュー・アルバムが最新の全英チャートで1位に返り咲いた。今年2月に発売された際も初登場で1位を獲得していたが、発売から3ヵ月以上経ってふたたび1位に返り咲くというロングヒットとなっている。

金髪のモヒカン風のヘアスタイルも印象的なエミリー・サンデーは、チップマンク(Chipmunk)が2009年に発表したシングル“Diamond Rings”に参加、これが全英最高6位のヒットとなったことで注目を集め、以降、レオナ・ルイス(Leona Lewis)やスーザン・ボイル(Susan Boyle)、シェリル・コール(Cheryl Cole)など数々のアーティストに楽曲を提供。またゲスト参加した曲も、ワイリー(Wiley)“Never Be Your Woman”が全英チャート8位とトップ10ヒット、2011年のプロフェッサー・グリーン(Professor Green)“Read All About It”は全英チャート1位を記録と連続ヒットした。さらに2011年8月に発表した自身のデビュー・シングル“Heaven”は新人ながら全英チャート最高2位を記録する大ヒットとなり、アリシア・キーズ(Alicia Keys)もプロデューサーとして参加した待望のデビュー・アルバム“Our Version of Events”を2月に発表、イギリスで初登場1位を獲得するなどヒットしている。

移り変わりの激しいことで知られる英国チャートだが、アルバム発売直後には2012 BRIT Awardsで、批評家たちが選ぶ「Critics’ Choice」部門を授賞、その後も“Next To Me”などのシングルがヒットし、アルバムもロングヒットを記録している。発売から3ヵ月以上経った5月27日発表の最新チャートでは、先週の3位からふたたび1位に上昇。1位ながら週間売り上げは13,430枚に留まり、これはエイス・オブ・ベイス(Ace Of Base)が12,042枚で全英1位となった1994年以来となる低い数字ではあるが、エミリー・サンデーのデビュー作“Our Version of Events”はその初登場から15週連続でトップ10をキープ、その息の長さを見せつけている。

また4月からは、全英チャート最高2位を記録したシングル“Next To Me”を引っさげてアメリカのTV番組に出演するなど、全米進出にも挑戦。今後のさらなる活躍が期待されるところだ。(s)