bmr

bmr>NEWS>金メダリスト ジョイナーの娘がオリンピック予選で歌う?

NEWS

金メダリスト ジョイナーの娘がオリンピック予選で歌う?

0000013493_image

かつてオリンピックなどで活躍した「フロー・ジョー」こと陸上選手フローレンス・ジョイナーの娘、メアリー・ジョイナー(Mary Joyner)が歌手としてオリンピック予選会で歌うことになると一部で報じられている。

フローレンス・ジョイナー(Florence Griffith-Joyner)は、かつてソウル・オリンピックなどで金メダル3つを獲得、続々と世界記録を打ち立てるなど大活躍、1998年に亡くなっているが、その21歳になる娘のメアリーはシンガーを志望しており、シングル“To Have You Only”をリリースしたことも。現在はTVオーディション番組「America’s Got Talent」の現在放送中のシーズン7に挑戦中で、最初のラウンドで見事に審査員全員から高評価を受け、第2ラウンドへと進出している。

ゴシップ・サイト TMZ.comなどが報じたところによると、このパフォーマンスを見た米五輪陸上チームの指導者たちが感動し、オレゴン州ユージーンで月末に開催予定のオリンピック予選会でその歌を披露するようオファーしたという。オファーの真偽や詳細は明らかになっていないが、実現すればメアリー・ジョイナーは25日から開催されている予選会のなかでアメリカ国歌を歌うことになると思われる。