bmr

bmr>NEWS>まもなく開催のLow End Theory新曲プレイ企画に話題のbugseedら登場!!

NEWS

まもなく開催のLow End Theory新曲プレイ企画に話題のbugseedら登場!!

0000013515_image

今年3月にも東京 代官山のUNITで開催され大盛況となった、新たな音楽シーンを代表するロサンジェルス発のパーティ「Low End Theory」が、今週末から、札幌Bessie Hall、渋谷WWW、大阪TRIANGLEの3公演に渡って開催される。特に今回の渋谷公演では、同パーティの名物企画「Beat Invitational」を国内ビートメイカーたちを招いて敢行、先日ウィズ・カリファ(Wiz Khalifa)のミックステープにビートが使用されて話題を集めたbugseedや、ヒューマンビートボックスとサンプラーを駆使してひとりで見事なビートを作り上げる櫻井響、ノイズ・ミュージック作品で知られるHAIR STYLISTICS(中原昌也)など幅広い面々が結集する。

ロサンジェルスで毎週水曜に開かれている「Low End Theory」は、ベース・ミュージックなどと呼ばれるインストゥルメンタル作品を中心とした強烈なビートで埋め尽くされるパーティ・イベント。ここでプレイしたアーティストや作品はその後、着実に活躍の場を広げて人気を拡大するため、世界の音楽シーンに潮流を巻き起こした起点のひとつとして認知されている。日本でもこのところ同パーティの‘出張’開催が続いているが、今回は主催のダディ・ケヴ(Daddy Kev)にノーバディ(Nobody)、さらにラス・G(Ras G)が来日、DJなどに国内勢から東京公演のDJ KENSEIをはじめKILLER BONG、REBEL MUSICALらも参加する。