bmr

bmr>NEWS>R.ケリーが緊急入院、復帰予定は未定

NEWS

R.ケリーが緊急入院、復帰予定は未定

0000013530_image

はやくも傑作との声があがっている新作を本国アメリカでリリースしたばかりのR&B界の帝王R.ケリー(R. Kelly)が、同時期に発売の運びとなった自叙伝の記者会見を急遽キャンセル。病院に運びこまれていたことが分かった。

R.ケリーは、2010年発表の前作“Love Letter”の続編的作品とされるニューアルバム“Write Me Back”を米時間で6月25日に発売(日本盤は7月4日発売予定)。発売が延期していた自叙伝“Soula Coaster: The Diary of Me”も28日に発売、これにあわせてプレス向けのイベントを予定していたものの、体調不良を理由にこれを急遽キャンセル。地元シカゴの病院に運びこまれたなど報じられ、R.ケリー側からこれを認める声明が発表された。詳しい病名は明かされていないが、昨年7月に緊急で行い、無事成功したとされたのどの手術に原因があるという。復帰予定もまだ立っていないとのことで、体調が心配されるところだ。R.ケリーはニューヨークでのサイン会などのほか、TV出演などの予定もすべてキャンセルしている。

1985年からのR&B/ヒップホップの音楽チャートでトップ10ヒット35曲、トップ100ヒット84曲を生んだとして米Billboard誌から「過去25年間で最もヒットを記録したR&B/ヒップホップ・アーティスト」にも認められたR.ケリーの自叙伝は、『マーヴィン・ゲイ物語 引き裂かれたソウル』や『わが心のジョージア -レイ・チャールズ物語』などの伝記本で知られる作家のデイヴィッド・リッツ(David Ritz)との共著。すでに一部内容が報じられており、2002年にラッパーのジェイ・Zとのコラボ作“Best of Both Worlds”を発表しているR.ケリーが、実はすでに1996年の時点で2パック(2Pac)との同様のコラボ作が予定されていたものの、2パックの急死により立ち消えになったなどのエピソードも披露されているとか。(s)