bmr

bmr>NEWS>クリスティーナ・アギレラ、新曲を8月にいよいよ発表?

NEWS

クリスティーナ・アギレラ、新曲を8月にいよいよ発表?

0000013567_image

先日、第2シーズンも終了したTVオーディション番組『The Voice』での‘コーチ役’も好評なクリスティーナ・アギレラ(Christina Aguilera)だが、昨年から制作が伝えられている新作からの1stシングルが、いよいよ8月に発表されるという。

これは米Billboard誌が報じたもので、とある情報筋がBillboard側に語ったところによると、8月初旬にもアギレラの新曲がリリースされるとのこと。マックス・マーティン(Max Martin)がプロデュースを務めた「クラブ・バンガー」に仕上がっているという。マックス・マーティンは、リーダーのアダム・レヴィーン(Adam Levine)自ら「もっともポップなアルバム」と語るマルーン5(Maroon 5)最新作“Overexposed”のエグゼクティヴ・プロデュースを務めているほか、最近ではアッシャー“Scream”や“DJ Got Us Fallin’ In Love”などポップ・ヒットに強いプロデューサーだけに、アギレラの新曲も同様のテイストに仕上がりそうだ。

昨年から制作が報じられているクリスティーナ・アギレラの新作については、『The Voice』で同じ‘コーチ’を務めているシー・ロー(Cee Lo Green)が参加していることを認めており、「曲名はまだ明かせない。アルバム・タイトルになる可能性があるから」と語っている。シー・ローとのコラボは、アギレラ主演映画『バーレスク』のサウンドトラックのために作ったものの未発表に終わったとされる“Nasty”という共演曲が以前に流出しているが、これとは別の新曲になるとのこと。他にもアギレラの新作には、DJプレミア(DJ Premier)やウィリアム・オービット(William Orbit)らの参加も噂されている。(s)