bmr

bmr>NEWS>マインドレス・ビヘイヴィアー、ビヨンセを怒らせた?「ローリン・ヒル・ジョーク」を謝罪

NEWS

マインドレス・ビヘイヴィアー、ビヨンセを怒らせた?「ローリン・ヒル・ジョーク」を謝罪

0000013572_image

2010年に全メンバーが13歳という若さでデビュー曲“My Girl”を発表、B2Kに続くキッズR&Bグループ注目されるマインドレス・ビヘイヴィアー(Mindless Behavior)が、先週開催されたBET Awardsでローリン・ヒル(Laruryn Hill)の税金滞納問題を揶揄したジョークを飛ばし、会場内のひんしゅくを買った上、あのビヨンセ(Beyonce)も怒らせたようだ。

4人組グループのマインドレス・ビヘイヴィアーは、7月1日に開催されたBET Awards授賞式で最優秀女性R&Bアーティスト部門のプレゼンターとして登壇。司会のマイク・エップスが受賞者発表の‘お決まり’のトークでふざけて自分の歌を聞かそうとするところにメンバーのレイ・レイ(Ray Ray)が‘ツッコミ’を入れたのだが、それが「あんたの歌はダメだな……ローリン・ヒルの会計士並にダメだ」というコメントだったことから、会場内はブーイングが飛び交い、彼らのTwitterアカウントも‘炎上’するなど非難が殺到。最優秀女性R&Bアーティストに輝いたビヨンセは、受賞スピーチで「ローリン・ヒルやメアリー・J.ブライジなどの才能ある先人たちに感謝しているわ」と、真っ先にローリン・ヒルの名前を、半ば強調する形で挙げ、笑顔で彼らの‘失言’をフォローしたが、舞台裏では「無礼きわまりない」とビヨンセには珍しく激怒していた様子だったと伝えられている。

これを受けてマインドレス・ビヘイヴィアーは、すぐさまTwitterで「昨夜、俺たちの大先輩ローリン・ヒルを侮辱するつもりは無かった。悪い冗談だった。俺たちも大ファンだ。みんな気分を害さないで欲しい」と投稿。さらに当事者レイ・レイも翌日、同音楽賞を主催したBET局の看板番組に電話出演し、「ローリン・ヒルをジョークにしたことをお詫びしたい。悪意はなかった。心からお詫びしたい。ローリン・ヒルはもちろん先輩アーティストたちを尊敬している」などと事の重大さに驚きを隠しきれない様子で謝罪したとのこと。マインドレス・ビヘイヴィアーはこのBET Awardsで、ビヨンセ、クリス・ブラウン、ジェイ・Z&カニエ・ウェストといった大物アーティストを凌いで、視聴者が選ぶ「Viewer’s Choice Award」部門を獲得しており、その人気ぶりを示したところでのトラブルとなってしまった。(t)