bmr

bmr>NEWS>クリス・ブラウン、新作が英米で初登場1位に

NEWS

クリス・ブラウン、新作が英米で初登場1位に

0000013596_image

今月初めに開催されたBET Awards 2012では見事、最優秀男性R&Bアーティスト賞に輝いたクリス・ブラウン(Chris Brown)だが、ニューアルバム“Fortune”も英米で初登場1位を獲得と絶好調だ。

前作“F.A.M.E.”から1年ぶりとなる新作“Fortune”は、リード・シングルとなった“Turn Up The Music”などの好調もあって、まずイギリスで初登場1位を獲得。意外だが、クリスにとってはイギリスで初めて獲得したアルバム・チャート1位となる。また、本国アメリカでは13万4000枚のセールスでこちらも大方の予想どおり米Billboardアルバム総合チャートで初登場1位に。少し前に同じく初登場1位を獲得した‘先輩’アッシャー(Usher)新作“Looking 4 Myself”の12万8000枚を上回る好スタートとなった。加えて“Fortune”は、オランダのアルバムチャートでも初登場1位を獲得。アイルランドとフランスでは4位、日本でも5位と各国でヒットとなっている。

一方でクリス・ブラウンは、過去に当時の恋人リアーナ(Rihanna)に暴力を振るったとして逮捕された事件が今になってふたたび問題となっている。クリスは裁判所から命ぜられた社会奉仕労働に従事、その更正態度は当時、担当判事からも賞賛されたと報じられていたが、米ワシントンポスト紙によると、ある女性検事が実際にどれだけ社会奉仕労働を行ったかちゃんと検証すべきだと主張、監査を求めたという。この女性検事は、どこで何時間奉仕労働をしたかが具体的に記録されていないと問題視している。これに対し、裁判官はクリス・ブラウンはかなりの時間奉仕労働に務めたと言っているが、その詳細は述べていない。なおクリス・ブラウンはこの事件で5年間の保護観察処分を受けており、現在も保護観察下に置かれている。(t)