bmr

bmr>NEWS>「ほぼ1stアルバム」? アジーリア・バンクスがミックステープ発表

NEWS

「ほぼ1stアルバム」? アジーリア・バンクスがミックステープ発表

0000013612_image

音楽メディアNMEによる期待の新人アーティストを紹介する恒例企画「NME COOL LIST 2011」にて1位に輝くなど注目を集め、今年1月にはエミネム、ガガらを抱えるInterscope Recordsとメジャー契約を結んだハーレム出身の黒人女性ラッパー/シンガー、アジーリア・バンクス(Azealia Banks)が無料ミックステープを発表した。

当初の7月4日独立記念日からは1週間ズレる形にはなったが、米時間11日に予告どおりミックステープ“Fantasea”を発表した。先行して発表されていた、ディプロ(Diplo)らの手による“Fuck Up The Fun”、ハドソン・モホーク(Hudson Mohawke)ら制作の“Jumanji”、マシーンドラム(Machinedrum)らによる“Aquababe”、スタイルズ・P(Styles P)がゲスト参加した“Nathan”、英女性ラッパーのシャイスティー(Shystie)がゲスト参加した“Neptune”などを含む計19曲を収録。アジーリアはこのミックステープについて、「ほとんどファースト・アルバムみたいなもの……妙な言い方だけど、間違って生まれたものなの」と説明。また、デビュー・アルバム“Broke With Expensive Taste”に向けた「テスト走行」と位置づけ、「クールなことを色々と試してみたわ。私がプログレッシブだと思うサウンドとかね」と語っている。

なおアジーリアは、先日リリースした4曲入りEP“1991”から、“Liquorice”のミュージックビデオの別バージョンを新たに公開したほか、M.I.A.の“Bad Girls (N.A.R.S. Remix)”に参加している。(s)