bmr

bmr>NEWS>フレンチ・モンタナのメジャー・デビュー作にはカニエ、ウィーケンド、ウィズ・カリファら参加

NEWS

フレンチ・モンタナのメジャー・デビュー作にはカニエ、ウィーケンド、ウィズ・カリファら参加

0000013722_image

ミックステープで注目を集め早い段階からグッズ販売などを拡大し「インディ叩き上げ」として成功したモロッコ系ラッパー、フレンチ・モンタナ(French Montana)が、メジャー・レーベルに舞台を移しての‘デビュー’アルバムにカニエ・ウェスト(Kanye West)ら豪華アーティストが参加していることを明かした。

これはモンタナ自身がオランダの音楽フェスに出演した際に現地メディアのPunaに語ったもので、メジャー・デビューアルバム“Excuse My French”には、カニエ・ウェスト、ザ・ウィーケンド(The Weeknd)、ウィズ・カリファ(Wiz Khalifa)、ビッグ・ショーン(Big Sean)らが参加しているという。ディディ(Diddy)のBad Boy Recordsと契約して昨年はシングル“Shot Caller”をヒットさせているフレンチ・モンタナは、今年1月にはリック・ロス(Rick Ross)率いるMaybach Music GroupとBad Boyとの「ジョイント契約」に体制を変更。MMGのコンピレーション“Self Made vol.2”では2曲に参加、6月にはそのリック・ロスにドレイク(Drake)とリル・ウェイン(Lil Wayne)という人気最高潮の面々をゲストに集めた“Pop That”をリリースしており、このメジャー・デビュー作には現在のヒップホップ・シーンからトップ・スターたちが集結することになる。

またフレンチ・モンタナの旧友で、現在は強盗殺人に関連して有罪になり懲役75年の刑で服役しているラッパーのマックス・B(Max B)も客演するとのこと。