bmr

bmr>NEWS>ジェイ・Zイチ押し新人リタ・オラのデビュー作にウィル・アイ・アム、J・コールら参加

NEWS

ジェイ・Zイチ押し新人リタ・オラのデビュー作にウィル・アイ・アム、J・コールら参加

0000013726_image

ジェイ・Z(Jay-Z)“Young Forever”などのビデオにカメオ出演している姿が目に留まり、2009年、19歳にしてRoc Nationと契約を果たした英ロンドン出身の美人ポップ/R&Bシンガー、リタ・オラ(Rita Ora)。ジェイ・Zの強力なバックアップも受け、「次のリアーナ」とも注目される彼女がまもなくデビューアルバムを発表するが、その収録内容や参加ゲストが明かされた。

「3年かかったけど、やっと9月頃にアルバムが発表できる」と以前に語っていたように、リタ・オラのデビューアルバム“ORA”は本国イギリスで8月27日に発売予定。まもなくの発売を控え、リタ・オラ自身がトラックリストをメモした写真をTwitterで公開。2ndシングルの“R.I.P.”に参加しているタイニー・テンパー(Tinie Tempah)のほか、Roc Nation/ColumbiaのレーベルメイトとなるJ・コール(J. Cole)に加え、ウィル・アイ・アム(will.i.am)の参加も明らかになった。また、英シングル・チャートで1位を獲得した、ダブステップ/ドラムンベースのトップDJ/プロデューサー、DJフレッシュ(DJ Fresh)との“Hot Right Now”も収録されるようだ。ジャケット写真のベース色がゴールドに変わるデラックス盤には3曲のボーナストラックが追加される模様。ボスのジェイ・Zの名前は見当たらないが、リタ・オラは9月に米フィラデルフィアで開催されるジェイ・Z主催の大型音楽フェス「Budweiser Made in America」への出演も決まっている。

リタ・オラはすでに、ビギー“Party and Bullshit”も引用した“How We Do (Party)”、スターゲイト(StarGate)とチェイス&ステイタス(Chase & Status)がプロデュースを務め、ドレイク(Drake)がソングライティングに携わった“R.I.P.”のシングル2曲をリリース済み。また、ザ・ドリーム(The-Dream)がプロデュースする“Roc The Life”の音源なども公開されている。(s)

“ORA” tracklisting:
1. Facemelt (Intro)
2. Roc The Life
3. How We Do (Party)
4. R.I.P. ft. Tinie Tempah
5. Radioactive
6. Shine Ya Light
7. Love & War ft. J.Cole
8. Uneasy
9. Fall In Love ft. will.i.am
10. Been Lyin
11. Hello, Hi, Goodbye
12. How Right Now / DJ Fresh ft. Rita Ora

[deluxe edition bonus]
13. Crazy Girl
14. Young, Single & Sexy
15. Meet Ya (Acoustic)