bmr

bmr>NEWS>ミッシー、ティンバランドとのニュー・シングルを9月に

NEWS

ミッシー、ティンバランドとのニュー・シングルを9月に

0000013916_image

ヒップホップに留まらず、音楽史にその名を刻む革新的なスタイルを共に産み出したティンバランド(Timbaland)とミッシー・エリオット(Missy Elliott)。昨年3月にそろって登場した動画をYouTubeに公開、黄金タッグの復活を宣言していたが、いよいよその復活の時が目前に迫ったようだ。

これはティンバランドがTwitter上で発表したもので、「ミッシー・エリオットが“9th Inning”と“Triple Threat”というシングルを“労働者の日”の週の週末に発表予定だ。俺たちのカムバックを見てろよ!!!」と宣言。今年の労働者の日は9月3日月曜日となるため、9月上旬にはこの2曲のシングルが発表されるということになる。ミッシーとティンバはライブなどですでにいくつかの新曲を披露しており、今回発表になるうちの“9th Inning”は、ラン・DMC(Run DMC)の“Here We Go (Live at the Funhouse)”をサンプリングした楽曲だといわれている。ミッシーとティンバランドは、それぞれのニュー・アルバムの制作を同時に進めていると以前話している。

ミッシー・エリオットは、ここ数年は自身のリリースはほぼ無く、音楽活動をかなり抑えて表舞台から姿を消していたが、昨年、自己免疫疾患のひとつであるパセドウ病と長年闘っていたことを告白。激しい躁うつ、めまい、のどのつかえ、眼球突出、脱毛などの症状があり、車の運転中に足が思うように動かず危うく事故になりそうだったことや、気分が落ち込み曲が書けなかったなどの状況であったことを明かした。現在は「もう1年近く治療はしていない」と健康状態に問題がないことをアピールしている。ここ最近もモニカ(Monica)、ジャズミン・サリヴァン(Jazmine Sullivan)らの曲をプロデュース、M.I.A.やケイティ・ペリー(Katy Perry)の曲にゲスト参加するなど、活動は続けていた。

なお、今回のニュー・シングルの予告は故アリーヤ(Aaliyah)の命日でもある8月25日になされたが、ミッシーは「アリーヤ、あなたはこれからもずっと、あなたのファンにとって、そしてスーパー・フレンズたち……私、ティンボ、マグー、ジニュワイン、プレイヤ、トゥイート、ニコル(・レイ)たちにとってOne In A Million(かけがえのない)の存在です」と自身が手がけた曲名にひっかけたツイートをしている。11周忌となる今年、アリーヤの新作をリリースするというプロジェクトがBlackground Recordsとドレイク(Drake)主導で進められているが、ミッシーとティンバランドは不参加であることを明かしている。