bmr

bmr>NEWS>ホセ・ジェイムスがブルー・ノートと契約、話題の新作発売日も決定!

NEWS

ホセ・ジェイムスがブルー・ノートと契約、話題の新作発売日も決定!

0000014026_image

先日開催されたジャイルス・ピーターソン(Giles Peterson)の音楽イベントでの来日ステージも好評だった新世代ジャズ・シンガー、ホセ・ジェイムズ(Jose James, 実際の発音はホゼ)が、ロバート・グラスパー、クリス・デイヴ、ピノ・パラディーノら錚々たる面々と共に制作を進めている新作の発売日が来年1月になったことが発表された。

世界を代表する「選曲家」ジャイルス・ピーターソンから「15年に1人の逸材」と絶賛されるホセ・ジェイムズは、これまでもジャズにとどまらず、愛聴していたヒップホップやR&Bの要素も取り入れた音楽性で人気を確立してきたが、ニュー・アルバム『No Beginning No End』は、大御所リオン・ウェア(Leon Ware)との会話に大いに触発され、故マーヴィン・ゲイ(Marvin Gaye)の「ジャズとソウルを愛するトップ・ミュージシャンたちと制作する」というコンセプトで制作が進められているもので、ロバート・グラスパー、クリス・デイヴ、リチャード・スペイヴン(Richard Spaven)、黒田卓也ら若手気鋭ジャズ・プレイヤーや、ピノ・パラディーノ、アンプ・フィドラー(Amp Fiddler)といったベテラン、さらにシンガー・ソングライターのエミリー・キング(Emily King)からモロッコ生まれで仏Blue Noteからデビューしたインディ・ザーラ(Hindi Zahra)、ホセと同じミネアポリス出身のタブラ奏者スファーラ(Suphala)など豪華かつ多彩な面々とコラボレーションしていることが明かされており、音楽ファンの期待を高めている。

そのホセ・ジェイムズが、ジャズの名門Blue Note Recordsと契約。自ら「まちがいなくこれが僕のベスト・アルバム」とも豪語する注目の新作『No Beginning No End』を来年1月22日にリリースすると発表された。また、この発表とあわせて移籍第一弾作品として5曲入りEP『It’s All Over Your Body』をデジタル・リリース。グラスパー、クリス・デイヴ、ピノ・パラディーノ、エミリー・キングにDJスピナ(DJ Spinna)も参加したこのEP、ディアンジェロを彷彿とさせる“It’s All Over Your Body”や、ライブですでに何度も披露されファンにはおなじみの“Trouble”などを収録している。

またホセ・ジェイムズは、9月1日から1ヵ月にわたって開催されている「iTunes Festival 2012」に23日(日)、レーベルメイトとなったグラスパー率いるロバート・グラスパー・エクスペリメント(Robert Glasper Experiment)と共に出演する予定。