bmr

bmr>NEWS>メイシー・グレイ新作はスティーヴィ名作『Talking Book』の丸ごとリメイク

NEWS

メイシー・グレイ新作はスティーヴィ名作『Talking Book』の丸ごとリメイク

0000014029_image

独特で印象的な声とそのキャラクターで人気のグラミー授賞シンガー、メイシー・グレイ(Macy Gray)が、あのスティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)の名作『Talking Book』に挑戦するという。

ロバータ・フラック(Roberta Flack)のビートルズ・カバー集を発表していた429 Recordsに移籍したメイシー・グレイは、今年3月にカニエ・ウェスト、レディオヘッドからメタリカ、ユーリズミックスと多彩な選曲のカバー集『Covered』をリリースしていたが、早くも10月30日に新作をリリース。この新作が、40年前の10月28日に発売され、スティーヴィー・ワンダーの代表作のひとつとなる『Talking Book』の全曲カバー集となるのだとか。40周年を記念したトリビュートだが、メイシーは「これは、『Talking Book』が40歳を迎えたお祝い、私からスティーヴィー・ワンダーへ個人的に送る誕生日プレゼントなの。これはトリビュート・アルバムとかコンサートじゃなくて、ラブレター、感謝状をレコードに乗せて、ステージの上で捧げるというもの」と説明。また「『Talking Book』は私の大好きなアルバム。これまでアルバムを丸ごとリメイクしたという話は聞いたことないから、トライしてみようと思うの」とコメントしており、当時のグラミー賞最優秀R&B楽曲にも輝いた“Superstition”(邦題「迷信」)や“You Are The Sunshine Of My Life”を含め、『Talking Book』収録の全10曲を丸ごとリメイクする企画となる。アルバムのプロデュースは、数々のトリビュート・アルバムの制作で知られるベテラン、ハル・ウィルナー(Hal Willner)が務めるとのこと。

メイシー・グレイの新作『Talking Book』は、前作同様に429 Recordsから10月30日に発売される予定。これにあわせて『Talking Book』の全曲パフォーマンスを行うコンサートなども開催されるとのこと。なお彼女は、『プレシャス』でアカデミー賞を獲得したリー・ダニエルズ監督の新作映画『The Paperboy』にも出演しており、北米で10月に公開される予定。