bmr

bmr>NEWS>ソランジュ、インディから再始動! 久々の新曲を発売

NEWS

ソランジュ、インディから再始動! 久々の新曲を発売

0000014030_image

モータウン・サウンドへのオマージュを示したレトロなソウル・ポップで高い評価を得た前作で高い評価を得たソランジュ(Solange Knowles)が、久々のシングル“Losing You”を予告どおり発表した。

ビヨンセ(Beyonce)の妹として知られ、近年は世界最大手のモデル事務所 Next Model Managementと契約し世界中を飛び回っているソランジュは、近年は愛息の子育てをしながら、DJ活動やモデル、USインディ・ロック系のミュージシャンたちとの交流を深めるなど自由に活動。4年ぶりとなる新作もマイペースに制作を進めているが、先日、南アフリカのケープタウンで新曲“Losing You”のミュージック・ビデオ撮影を行ったことが明らかとなり、10月にビデオ公開予定と発表されていたが、ついにそのビデオと共に新曲が明らかになった。

“Losing You”はブラッド・オレンジ(Blood Orange)などの活動で知られるデヴ・ハインズ(Dev Hynes)がプロデュースを手がけており、ソランジュが語っていたように「80年代を参照したサウンドと、アフリカン・パーカッションからの影響を折衷したもの」に仕上がっている。ビデオ公開と共にこのニュー・シングル“Losing You”は、グリズリー・ベアのクリス・テイラー(Chris Taylor of Grizzly Bear)のインディ・レーベル Terrible Recordsからデジタル・リリースされた。カップリングには、オブ・モントリオールのケヴィン・バーンズ(Kevin Barnes of Of Montreal)を迎えた“Sleep In The Park”を収録。Terribleからは11月6日にレコードも発売予定で、いずれも全面イエローのシンプルなジャケットとなっている。

ソランジュは、デヴ・ハインズとは、彼が手がけたセオフィラス・ロンドン(Theophilus London)“Flying Overseas”で共演済。またクリス・テイラーとは、コカコーラ・アフリカ基金と組んでアフリカにきれいな飲料水を提供するプロジェクト「RAIN」(Replenish Africa Initiative)に参加した際にコラボ・シングル“Kenya”を制作したこともあり、ケヴィン・バーンズとは、オブ・モントリオールの前作『False Priest』でソランジュがゲスト参加と、ここ最近のインディ・ロック勢との交流が実を結んだといえるリリースだ。

なおソランジュは、ロバート・グラスパー・エクスペリメント(Robert Glasper Experiment)が10月9日に発売するリミックスEP『Black Radio Recovered: The Remix EP』で、クエストラブ(?uestlove of the Roots)によるリミックスにザ・ルーツ(The Roots)と共に参加している。