bmr

bmr>NEWS>カニエらの『Cruel Summer』、全米チャート初登場2位に

NEWS

カニエらの『Cruel Summer』、全米チャート初登場2位に

0000014063_image

カニエ・ウェスト(Kanye West)率いるG.O.O.D. Musicの面々が集結したコンピレーションとして昨年から注目を集めていたアルバム『Cruel Summer』が9月18日に発売され、最新の米Billboardアルバム総合チャートで2位に初登場となった。

ジョン・レジェンド(John Legend)、キッド・カディ(Kid Cudi)、ビッグ・ショーン(Big Sean)、プッシャー・T(Pusha-T)、ヒット・ボーイ(Hit-Boy)ら人気アーティスト/プロデューサーらを抱えるG.O.O.D. Musicの面々が集まるこのコンピレーションについては、昨年10月にカニエが「GOOD MUSIC.THE ALBUM.SPRING2012」とツイートしたことで存在が明らかになり、発売が待たれていたアルバム。今年5月には、カンヌ映画祭でこの作品からインスピレーションを受けて製作されたというキッド・カディ主演の短編映画“Cruel Summer”をプレミア上映、アルバムも映画と同じ『Cruel Summer』と題されることが判明。‘夏’と題されていることもあって当初は8月の発売も予定されていたようだが、徐々に延期され、ようやく9月18日に発売されたこのアルバムには、G.O.O.D. Musicの面々以外にも「ファミリー」扱いのトゥー・チェインズ(2 Chainz)に加え、ジェイ・Z(Jay-Z)やR.ケリー(R. Kelly)、レイクウォン(Raekwon)、マーシャ・アンブロージアス(Marsha Ambrosius)、ザ・ドリーム(The-Dream)ら豪華なゲストが参加、大きな注目を集めていた。

発売数日のセールス動向から当初は17万枚から19万枚と推計されていた『Cruel Summer』だが、G.O.O.D. Musicの面々によるサイン会などの効果もあってか初週20万枚のセールスを記録。人気女性シンガー、ピンク(P!nk)の4年ぶり新作『The Truth About Love』の28万枚には及ばなかったものの、初登場で全米チャート2位、R&B/Hip-Hopアルバム・チャートでは1位となった。

なおG.O.O.D. Musicからは、今年9月にミックステープ『Detroit』をリリースしたビッグ・ショーンが、12月に新作『Hall of Fame』をリリース予定と報じられている。