bmr

bmr>NEWS>リル・ウェイン、米シングル・チャートイン記録でエルヴィスを超える

NEWS

リル・ウェイン、米シングル・チャートイン記録でエルヴィスを超える

0000014066_image

その人気の高さから、自身の作品リリース以上に、他のアーティストからのオファーが殺到、目を見張る客演数の多さを誇る超人気ラッパーのリル・ウェイン(Lil Wayne)が、米Billboardチャートのシングル・チャートイン数であのエルヴィス・プレスリーの記録を抜き、ソロ・アーティストとしてはトップとなった。

リル・ウェインは、クリス・ブラウン(Chris Brown)、タイガ(Tyga)、ウィズ・カリファ(Wiz Khalifa)らと共に客演したゲーム(Game)の“Celebration”が今週、米Billboardシングル総合チャートHot 100に初登場82位でランクイン。これでHot 100にランクインした楽曲がゲスト参加局も含めた通算で109曲となり、エルヴィスの108曲チャートインを上回り、歴代2位となった。歴代1位は人気TVミュージカル・ドラマ『glee/グリー』からの楽曲で、これらはすべて「gleeキャスト」としてカウントされているため、Hot 100には計204曲がチャートインしている形となる。

もっとも、同チャートがスタートした1958年以前の曲数はカウントされていないため、エルヴィスの108曲という記録には、彼の代表曲でもある“Heartbreak Hotel”、“Don’t Be Cruel”、“Hound Dog”などを含む31曲のヒット・シングルは含まれておらず、また当然ながらチャートインした全109曲中、自身がメインとなる楽曲は半数以下の42曲のみに留まるリル・ウェインの記録とを単純に同列に扱い比較てきるものではないが、同チャート初登場となった1999年からわずか13年で109曲をランクインさせたという事実はリル・ウェインの圧倒的な人気ぶりの証左といえるだろう。

なお、新作『I Am Not A Human Being II』のリリースでさらにこの記録を伸ばすことが期待されるリル・ウェインだが、先日11月13日発売と発表されたこの新作は、早くも12月11日まで延期したとされている。(t)

Artists with the most Billboard Hot 100 hits:
1. gleeキャスト 204曲
2. リル・ウェイン 109曲
3. エルヴィス・プレスリー 108曲 
4. ジェイムス・ブラウン 91曲
5. レイ・チャールズ 74曲
6. アレサ・フランクリン 73曲
7. ビートルズ 71曲
7. ジェイ・Z 71曲
8. エルトン・ジョン 67曲
9. スティーヴィー・ワンダー 63曲