bmr

bmr>NEWS>クリス・ブラウン、恋人と別れた理由はリアーナとの復縁?

NEWS

クリス・ブラウン、恋人と別れた理由はリアーナとの復縁?

0000014098_image

2009年2月8日、グラミー賞前夜に起こしたDV事件をきっかけにリアーナ(Rihanna)と別れたR&Bスターのクリス・ブラウン(Chris Brown)。音楽キャリアを復活させた2011年頃からはモデルのカルーチ・トラン(Karrueche Tran)と交際していたが、先日、別れたとの噂に応えるように「独り身」になったことを告白。その理由として、ふたたび急速に距離を近づけているリアーナとの復縁説が持ち上がっている。

Twitter上での交流に始まり、今年2月にはお互いの楽曲のリミックスで音源上で共演、9月に開催されたMTV Video Music Awardsでは初めて公けの前でハグを交わしたクリス・ブラウンとリアーナ。リアーナは別れた後もクリス・ブラウンを応援するコメントを繰り返しており、接近禁止令の緩和も自ら決断。カルーチ・トランとの交際の一方でリアーナとの距離を縮めているクリス・ブラウンは、6月には、リアーナと恋の噂もあったドレイク(Drake)、ミーク・ミル(Meek Mill)らとクラブで衝突、けが人のでるトラブルになるなどリアーナの影が常にあったが、VMAでのハグに続いて、10月3日の夜、ニューヨークのクラブでリアーナと一緒に座っている姿が撮られ、ついにカルーチと別れたと各メディアが報じた。

クリス・ブラウンはそれを受けて、ゴシップ・サイトのTMZに対し「また独り身に戻ることに決めたよ。カルーチのことはとても愛しているけど、俺とリアーナの友情を見て傷つく彼女の姿を見ていられない。だったら俺が誰とも付き合わなければお互いハッピーなんじゃないかって」とコメント、正式に別離を認めた。そしてその直後には「The Real Chris Brown」と題したビデオを公開、やや酔った口調で「みんなは本当のクリス・ブラウンを分かっていない。だから正直に話そうと思う」と前置きし、「ふたりの人を同時に愛することってあるんだろうか? 俺はどちらも傷つけたくないんだ。遊び人を気取る気もないし、母さんは俺をそんな風には育ててない。俺はものごとを気にし過ぎなところがあるけれど、これがクリス・ブラウンの人生だ」などと疲れた顔を見せながらコメント。リアーナへの‘想い’も感じさせる発言となった。

これと前後してリアーナは、Twitterでマイケル・ジャクソン“The Way You Make Me Feel”の歌詞を引用して、「誰にも関係ないでしょう……これは私と私のベイビーの問題よ」とこの件について想起させるツイートを投稿。一方でカルーチは、「いったいどういうこと? 私がただ言いたいのは……人の純真な気持ちを踏みにじらないで!」と怒りのツイートをコメント。また、「カルーチは、クリス・ブラウンとリアーナは“ただの友達”以上の関係にあり、クリスに裏切られたと思っている」とTMZは報じており、復縁説が浮上している。リアーナが涙まじりにクリスについて語るロング・インタビューを先日公開したTV司会者のオプラ・ウィンフリーも、「復縁が事実かどうかは分からないけど、驚きはしないわ」とコメントしている。もっとも、10月7日にカルーチはこれまでと一転して笑顔の写真をTwitterで公開、参加したクリスティーナ・ミリアンらのディナー・パーティにはクリス・ブラウンも出席した模様で、早くもカルーチとよりを戻したのではとも噂されている。