bmr

bmr>NEWS>ラキムがファレルとレコーディング、ソロ新作を来年発表へ

NEWS

ラキムがファレルとレコーディング、ソロ新作を来年発表へ

0000014222_image

80年代後半からエリック・B(Eric B.)とのデュオとして活躍し、『Paid In Full』などのヒップホップ・クラシックを生んだ「ラップの神」、ラキム(Rakim)が、ネプチューンズのファレルとレコーディング中で、来年新作をリリースする予定であることを明かした。

1987年にリリースされたエリック・B&ラキムの名作『Paid In Full』から、ちょうど今年は25周年にあたり、これを記念したコンサート・ツアーを行っているラキム。11月3日にはデトロイトで公演を行う彼が、同地メディアの取材に応じ、現在ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)と制作中で、『The Seventh Seal』以来4年ぶりとなるソロ新作を来年に発表、年内にはそこからのシングルを発表するつもりであることが明かされた。

また3日のデトロイト公演についてラキムは、「『Paid In Full』を愛してくれるファンのためのトリビュート。だからあのアルバムを必ず披露するよ。できればあのときのエナジーを俺たちで呼び戻したいね」と意気込みを語っている。ちなみに今年6月にザ・ルーツ(The Roots)が開催した音楽フェス「Roots Picnic」では、ザ・ルーツをバックに『Paid In Full』を全曲披露したラキムだが、ザ・ルーツについて「彼らの登場はヒップホップの未来だったね」と振り返っている。