bmr

bmr>NEWS>シー・ロー、女性トラブルが続く

NEWS

シー・ロー、女性トラブルが続く

0000014263_image

これまで5つのグラミーに輝く人気シンガー/プロデューサーのシー・ロー(Cee Lo Green)。TVオーディション番組『The Voice』へのレギュラー出演などでお茶の間人気も高い彼に、続けて女性絡みのトラブルが起こっている。

まず10月末に、米ヒューストン在住の女性がシー・ローから性的暴行を受けたとしてロサンゼルス市警察に訴えていることがゴシップ・サイトのTMZの報道によって発覚。今年2月、シー・ローはマドンナのハーフタイム・ショウにゲスト出演した際にこの女性と出会って親密になり、女性がヒューストンへ帰った後も連絡を取り続けていたという。たびたびシー・ローは女性を自身の住むロサンゼルスに呼び寄せていたが、7月、シー・ローから性的暴行を受けたという。女性は食事をした寿司屋で飲み物に薬物のエクスタシーを知らぬうちに飲まされたと訴え、気づいたときにはホテルの部屋で裸で横たわっていたとか。TMZによると、女性はたびたびシー・ローに高価なものをねだり、またいかにシー・ローにねだるか、友人に相談していたという。

シー・ロー側はこの件について完全否定。広報は、「現在も捜査中であるため、我々は自由に話すことはできません。しかしながら、先方の申し立てはまったくの事実無根であり、卑しく、そしてシー・ローや彼の子供たちを深く傷つけるものであると言っておきたい。すべての事実が明らかになれば、シー・ローこそが被害者であると分かると、我々は確信しております」との声明を発表。女性側の訴えは作り話であり、テキサス在住の何者かと共謀していると考えているとか。

しかしこれに続いて、シー・ローにさらなるトラブルが発覚。こちらは、昨年夏にマイアミのナイトクラブで知り合った女性ふたりをホテルの部屋に招いたが、口論になったためシー・ローが部屋から出て行くよう命じて追い出そうとすると、女性から侮辱の言葉を投げかけられた上、顔を殴る叩くなど暴行を受けたため、シー・ローと女性の‘バトル’がはじまったとか。目撃者によれば女性たちはかなりハイだったとのことで、もう片方の女性がシー・ローの背後から飛びかかるなど、大騒ぎとなった様子。こちらの件は双方とも悪いということで立件はされなかったが、先の性的暴行容疑の件でこちらのトラブルも脚光を浴びてしまったようだ。(t)