bmr

bmr>NEWS>マーカス・ミラーのツアー・バスが横転、運転手が死亡

NEWS

マーカス・ミラーのツアー・バスが横転、運転手が死亡

0000014308_image

日本でもお馴染みの世界最高峰ジャズ・ベーシスト、マーカス・ミラー(Marcus Miller)を乗せたバスが、現地時間11月25日、スイスのウーリ州のハイウェイで横転し、運転手1名が死亡、乗っていたツアー・メンバーらが怪我を負っていることが明らかになった。

ウーリ州警察の発表によると、マーカス・ミラーらを乗せたツアーバスは、スイス中部のエルストフェルトとアルトドルフのあいだを走行中、午前11時頃に横転する事故を起こしたという。バスには運転手2名、マーカス・ミラーら11名が乗っており、運転手1名が挟まれて重傷を負い、そのまま死亡。ウーリ州の病院に搬送された残り11名は全員けがは負ったものの、命にかかわる重傷はないと発表されている。事故の原因などは現時点ではまだ不明。マーカス・ミラーは欧州ツアー中で、24日にモンテカルロで公演を行ったあと、26日に公演行う予定だったオランダのヘンゲロまで移動中だったという。