bmr

bmr>NEWS>ケイティ・ペリーも注目、ジェシー・ウェアが1月にEPで米進出

NEWS

ケイティ・ペリーも注目、ジェシー・ウェアが1月にEPで米進出

0000014362_image

イギリス、アイルランドでの「アルバム・オブ・ザ・イヤー」を決めるマーキュリー賞にデビュー作がノミネートされた英新人女性シンガー、ジェシー・ウェア(Jessie Ware)が、1月に全米進出をすることが発表された。

英サウスロンドン出身のジェシー・ウェアは、SBTRKTとのコラボレーションでも知られ、2010年にコラボ・シングル“Nervous”を発表したほか、SBTRKTのアルバムでも“Sanctuary”などでゲスト・ボーカリストとして呼ばれた女性シンガー。彼女は、同じく2010年にデビュー作がマーキュリー賞候補になったインヴィジブル(The Invisible)のデイヴ・オクム(Dave Okumu)がプロデュースに付き、2012年2月に“Running”を発表、8月にデビュー・アルバム『Devotion』をリリースした。「シャーデーのようなダウンテンポなR&Bを作りたい」というだけあって、霧の中でアンニュイな歌声が響くような、洗練されたUK産R&Bサウンドに仕上がっており、マイケル・キワヌーカらと共に今年のマーキュリー賞候補に選ばれた。

そのジェシー・ウェアが、1月15日にEP『If You’re Never Gonna Move』をアメリカでリリースする。アメリカでは、ファーイースト・ムーヴメント(Far*East Movement)やLMFAOらに加えてマイケル・キワヌーカやエリー・ゴールディング(Ellie Goulding)、ラルー(La Roux)らも在籍するCherrytree Records/Interscope Recordsからのリリースとなる。米進出にあたってジェシー・ウェアーは、「向こうには素晴らしいアーティストがたくさんいる。でも、自分は正しいタイミングで正しい場所に立っていると思う」とコメント。リリースに先行して12月にもアメリカでライブを行うほか、発売直前の1月14日にも公演を行う。すでに、同じくCherrytreeから全米進出したエリー・ゴールディングやラルーは全米でヒットを飛ばしているだけに、同レーベルもジェシー・ウェアの成功に期待を寄せている。また、先月にはケイティ・ペリー(Katy Perry)が「この女性は話題になると思うの、だからまだ知らない人はチェックしてみて」とツイートするなど、アメリカでも一部では早くも注目が集まっているようだ。EPの表題曲は、アルバムでは“110%”というタイトルで収録されていた曲で、ビッグ・パン(Big Pun)“The Dream Shatter”をサンプリングしたガラージ・ナンバー。

なおジェシー・ウェアは、15歳と16歳の日本人デュオというベンゼル(BenZel)によるデビュー曲“If You Love Me”(ブラウンストーンのカバー)に参加しているほか、先日発表されたケイティ・B(Katy B)のコラボEPで“Aaliyah”と題した曲に参加している。